2017年07月28日

梅雨明け他の?

おはようございます。もんなたかしです。

 なんかすっきりしない天気が毎日続きますね〜
それにしても大きな会社や公務員より休みが少ない我々サービス業にしては折角の休みくらい良い天気を望みたいものです。
今週末 つまり弊社では土曜日の業務を終了した後 長野県の扇沢まで車を飛ばしよく日曜午前2時より歩行開始し冷池山荘をを経て右に進めば爺が岳・鹿島槍ヶ岳・白馬方面へ 
 ところが㏠登山の為そのコースは断念 先のコースを右に進路を進め 剣岳や真砂岳〜大汝山の立山連峰を眺め最後に黒部湖を見下ろし針ノ木岳をへて日本3大雪渓と称される針ノ木赤経をq程下るという壮大な計画も雨の予報ですので延期?中止?と言う事で少しがっかりしているところです。そこで今週は妻と管理釣り場で一日を過ごすことにしました。
問題はこの先の天気 梅雨本当に明けたの???
byたかし
posted by 社長 at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

曇天なれど

こんばんは もんなたかしです。

 「曇天なれど蒸し暑し」
今日は屋外での掘削作業を致しました。1mの深さ距離20mをなんとか一日で埋めもどしまで
その間には床付け・山砂入れ20p 管布設 山砂30p 転圧 砕石25p転圧 15p転圧 発生土 ここまでを一連の作業として作業を進めてまいりましたが作業終了は間もなくpm7:00と言う時間に帰社
休憩も食事もそこそこ 何とか作業を終了しなければ今度は安全対策を取らなければなりませんので少し頑張ってみました。
 昨日は雨の為作業を中止いたしました。理由は雨だから・・・ではありません。
その理由とは道路を汚してしまうからです。つまり掃除 後片付けが大変なうえいくら掃除しても綺麗にならないからなんです。
実は、前日その現場に大型ダンプで山砂を納品したところ道路にくっきり泥のタイヤ痕が! 僅か20mほどの掃除に1時間以上
そんな事もあり少し遅くなるまで頑張ってしまいましたが今日中に何とかクリアーしました。 安堵!
曇り空だったのにともかく暑かった! Tシャツを5枚くらい取り換えました。
その分汗が! それなので疲労回復を込め甘さと水分を補給のはちみつレモンハイを頂きました。
byたかし

posted by 社長 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

本管取出し

おはようございます。もんなたかしです。

 今日から給水管の取り出し工事をスタートをさせます。
道路を掘削しますのでアスファルトを汚してしまいますのでなるべく道が乾燥をしてからスタートをさせるつもりです。
本来自社の都合でという訳にはいかないのですが道路と言いながらも今回の掘削場所は青地のような場所で地番では道路となっている場所 最終的に他の家の前の玄関先での本管取り出しとなります。その距離は30m弱ですので道路を汚さずなどできるはずがないのですが少しでも軽減し養生をしながらの作業を予定しています。役所立ち合いの取り出し日は8/3かの1週間後 日がありますのでもちろん一人作業となりますが安全と周りへのご迷惑を掛けないことを優先し対応するつもりです。
posted by 社長 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月25日

雲行き

こんにちは もんなたかしです。

 畑の水やりだけは本当に助かっています。
しかしその反面 茹るような暑さと東南アジアやグアムにでも行ったような突然の雨(すこーる)が普通の出来事のように
毎日繰り返されています。気候変動は私たちが子供のころからいわれていましたがその当時は鼻で笑う人の方が多かったように思えます。しかし現在はそれが現実のものとなってもこの便利な社会が後戻りをすることに抵抗があるのでしょう。
一方 水位が国土と同じような地域では自国のせいではなく先進国やそれに追いつけという国々の排ガスによる温暖化が原因で国土が水没をしてしまうという切実な状況下にるのです。しかしそれは対岸の火事と重い腰どころか見てみぬふりこれもまた現実
我々の知る半世紀で世の中は大きく変わりました。確かに便利です。その便利のの代償が今各国各地で起こる災害等の要因にもなっているのでしょう。不便でも少し後戻りをしてでもみんなが暮しやすい社会が来る日があるのでしょうか?
byたかし
posted by 社長 at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月24日

ヒヤリハット

おはようございます。もんなたかしです。

 太陽こそ出ませんが不快指数だけは頂点を指しているのではと思われるような朝を迎えました。
昨日18:00前に帰宅 ハイキングでは異例の速さかと それもナビによりますと片道4時間以上かかるという福島・群馬・新潟をまたぐ尾瀬入りをしての帰宅でしたので早いほうかもしれませんね!いわせていただけるなら栃木県も加えてもらいたいものですね!
なぜなら尾瀬につながる鬼怒沼は目と鼻の先県境も数キロ程度できるものであれば仲間入りをさせて戴きたい これ県民の総意?
 話は戻り先日より報告をさせて頂いております通り家内と息子と私3人で妻をホローする形でゆっくり尾瀬御池より沼山峠から大江湿原へ 少し足を延ばし尾瀬沼ほとりのビジターセンターまでを往復してまいりました。
本来妻は行くことを躊躇していましたが今週がニッコウキスゲの盛りとあって悪天候を押し強硬ハイキングでした。
幸い強い雨には遭遇することもなく変えに荷は日が射す事まあったほどでした。そんな事もあり往路では咲かなかったキスゲも帰り道では見事に咲かせてくれ感謝です。

DSC_1331[1].JPG

DSC_1296[1].JPG

山歩きはどんなにつらくても登り切れば次の候補地を脳裏にめぐらすものなんです。
これ ハイカーの宿命? 悪い病気なんですね~
byた
posted by 社長 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月23日

尾瀬紀行

こんばんは もんなたかしです。

 体調がすぐれないないながらも一緒に満開のニッコウキスゲをしてみたいとかなり無理をしながらも頑張って尾瀬沼までチャレンジをしてみました。

posted by 社長 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月22日

今夜決行

こんばんは もんなたかしです。

 甘く見ているわけではないのですがまだなにも用意をしていません。
今夜11時から12時を想定し準備をと思っていましたがたいした用意はカッパだけ忘れなければ・・・
目的地は尾瀬ヶ原です。来週には少し盛りを過ぎてしまうと思いなんとか強行でニッコウキスゲに合いに行くことにしました。
予報では新潟 群馬北部山沿いは大荒れ さてどうなりますやら
byたかし
posted by 社長 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月21日

明日は下り坂

こんにちは もんなたかしです。

 どうして週末となると天気は下り坂?
今週は新潟県から尾瀬入りを検討していました。
体調の少しすぐれない家内もゆっくりホローをしながら満開の日光キスゲを見に行く予定でした。
土砂降りであれば再検討をするつもりですが都合で私一人でもチャレンジするつもりです。
最終目的地は尾瀬大江湿原です。
予報では70%の雨 さてどうなりますか?
byたかし

posted by 社長 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

祝 巣立ち

こんばんは もんなたかしです。

 今日も暑かったですね~ まだしばらく続きそうですが 水分補給やエアコン 日照りからの回避
など出来る対処法を実践してみてくださいね!
 うれしいお話が
いよいよ最後の一羽が飛び立ったあようです。昼には餌をあげるようなしぐさで盛んに巣立ちを誘っているけなげな
親ツバメの姿を確認しました。 初めの4羽から昨日まで2羽が残り次はいつ???
そして今朝は1羽だったのですが先ほど仕事から帰ると巣は空っぽ やっと巣立ちだ〜・・・と
一番の心配のカラスから守ることが一番難しい 何せ夜明けから夕暮れまでいつやってくるか
ちょっと報告 カラスからの視線を遮るブラインドを設置 巣に飛びつかないように紐を巣の周りに何本も下げました。
極めつけは運動会用のおもちゃのピストルを「バンバンバン」これが効果あり 大木から黒カラスが5羽が慌てて逃げたのが最後
毎日偵察に来たのがその日以来見なくなりました。
ありがたい 無事巣立ちを迎えることができました。
もうしばらくは夜だけ泊まりに帰ってくるでしょう。
そうして本当に旅立ちの日がもうすぐ・・・
byたかし
posted by 社長 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月19日

旅立ちの歌

おはようございます。 もんなたかしです。

 今日も暑くなりますね〜
いよいよ我が家のツバメ君たちが旅立ち(巣立ち)のようです。
4羽いたのですが昼はいつも2羽がすにのころります。しかし夜には3羽いました。
巣の下に落ちたのかと心配をしていましたがその様子も無し カラスも最近近寄らない様子
ですから残りの2羽を見届ければ一安心 一時期同居を許した彼らに見守る責任を果たせますようもうしばらく注意を
注ぐつもりです。特にカラスの被害で数年空き家状態で巣を壊してよいものか何度も悩みましたが
一の日かと言う思いがやっと報われるような気がいたします。
byたかし
posted by 社長 at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記