2017年05月04日

雪の大谷

おはようございます。もんなたかしです。

 雪の大谷と言えば・・・???
そう大半の人が立山室堂の雪の大谷を連想するでしょうね
実も以前は同じ発想でしたが今の状況を見ることまた行きたいと思う方は少ないと思います。
何故ならその現地は人人人 そして待ち時間がとても長いこと
 そこでお勧めが
長野と群馬を繋ぐ志賀草津道路です。
DSC_0409.JPG
posted by 社長 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月03日

結婚記念日

こんにちは もんなたかしです。

 今日は何回目か忘れましたが私たち夫婦の結婚記念日です。
そういえば結婚式当日も綺麗に晴れた日でした。ちなにみに昨日は亡くなった2男の36歳の誕生日でした。
家内と墓参りを済ませただけの寂しい誕生祝をしてきました。
 開けて今日は家内の病院へお迎えをして2時過ぎに長野県の志賀高原の雪の壁を観に出かけます。
もう一つの目的は白濁り湯へ浸かること ここには少しだけ問題があります。
滋賀草津道路のゲートは夕方5時に閉まることです。昨年は6月に同じようにチャレンジをして係員がゲイトに手を掛け今閉門というときに危うくスルーしたことなのです。さて今回は?
でないと危ういと思われる時点で大きく迂回をと考えています。
さてさて・・・
byたかし
posted by 社長 at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月02日

五月晴れ

おはようございます。もんなたかしです。

 今日は絶好の洗濯日和とお天気キャスターが申しておりました通り底抜けの青空となりました。
半袖に薄いウインドブレーカーを引掛け手丁度いい陽気です。大手企業以外の人の多くは今日はお仕事でしょうね
事務所窓の外はすっかり緑も濃くなり季節は初夏と言う方がふさわしいかも?
そんな陽気もあり旅行サイトでの予約も取りにくくなっています。と申しますより予約サイトに申し込み枠の旅館が非常に少なくなっており「お・・・」やっと見つけた宿もよくよく調べますと日付指定なのに検索に上がったもののページを進めますとなんと要望の日時には×マークが 「そんなら検索に引っかからないようにして!」と申し入れをしたいところです。
 それにしても平和な国です。我々の男親は軍隊に取られ母親はお国の為とか言い労力に取られたのでしょうから
今ミサイルが間違えば飛んでくるというのに仕事や遊びに呆けて
本当に平和な国です。 これは嫌味ではなく感謝として感じているところなのです。
平和な国日本 
byたかし



posted by 社長 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月01日

雨のち晴れ


こんにちは もんなたかしです。

 今日天気でしたね~
先ほどまでうすら寒かったのですが30分ほど前から陽が射しとても暖かくなって来ました。
数日家を空けていましたら鉢植えの植木がしょんぼり 中には手遅れまで出る始末・・・反省
この連休をNHKでは大型連休というそうで局の人ではないパーソナリティが「ゴールデンウィーク」と話すとすぐに
NHKでは・・・とチェックを入れていました。
 しかしその話の先は我々零細企業と同じで皆さんがゆっくり楽しんで頂けるようラジオを通じ楽しんでもらう事に専念とも申しておりましたが私たちと大きく違うことは彼らのような高級サラリーとフリ替え代休がないことが悲しくもあります。社は暦通りですが私たち夫婦は休みは休みですが事情があり平日は2日続けて道でが出来ない為4日の日だけ志賀高原の雪の壁を観に出かける予定です。 本来雪の壁と言えは黒部立山アルペンルートが王道ですが残念なことに中国からのお客様で本当にごった返しで昨年も高い費用をかけ現地に到着したものの室堂ターミナル併設のホテルで食事をしどこも見ることなくとんぼ返りをした経緯もあり先日友人から聞き込んだ志賀ルートに変更
楽しみにしています。
byたかし

posted by 社長 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月30日

富士山へ

こんにちは もんなたかしです。

 予定にはなかった富士山へ来てみました。
一昨日のことニュースで富士山スカイラインが開通との報道を見て急遽出向くこととし箱根スカイラインからの素晴らしくはれあがった富士の全景を横目に見ながら先を急ぎ午後2時を前に富士宮口5合目に到着回りにはまだ雪が点在
posted by 社長 at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月29日

至福のとき

おはようございます。もんなたかしです。

 昨夜のうちに伊豆入りをしました。
冗談で事故渋滞になったら食事抜きだなんて言っていました。
ところが相模原で転覆事故で三時間通行止めで期間限定のカニ食べ放題もおあずけ
いつものセブンイレブンに
 温泉は満足

posted by 社長 at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月28日

コンポースト

おはようございます。もんなたかしです。

 つい最近まで粗大ごみ同然のプラスチックの逆三角形で底の抜けた蓋つきバケツみたいな存在が一躍光を浴びることになりました。と申しますのはにわか畑の延長線に家庭ごみをコンポーストという先ほどの説明のような形状の容器に入れ生活での生ごみを堆肥に耐えるというものまだスタートをしてから数週間ですのでまだまだ堆肥には程遠いのですが心配は何度か報告をしていますイノシシが匂いに任せその容器を力任せに牙で壊すのではという一抹の不安が付いて回ります。自宅は本当の住宅地でありますがそのイノシシが今までに庭を堀上たという過去数回の経験からいえばかなり高い確率にあると考えられるのです。つい先日も松本市の有名な古墳公園で(周りは住宅地)ニホンカモシカ2頭が目の前を横断したばかりなものですから
 言い換えれば日本は平和だ!こんな話題を提供していられるのですからね~・・・
byたかし


posted by 社長 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月27日

おっちょこちょい

こんにちは もんなたかしです。

 大切に大切に小さな部品を分解清掃をしました。
ある部品を解体し清掃が終わり組付も終了そうして第2番目の部品を解体し清掃も完了
さて組み付けるかという段階で僅か3mm*20mmほどの部品がポロリそれから2時間も探した挙句見つからない状況にありもう諦め新品を購入といろいろ調べてみますとロビンという有名会社がなくなってしまたというのです。どうりでいくつかの関連部品を注文しても何か頓珍漢な回答が続いたのはそのせいであったことに今気が付きました。 それから難題は弊社にはロビン製のエンジンを使い製品が5台以上あり今後その問題が何度も起こりうるということ 反省はしても何度も来る返す 世間ではそれを「おっちょこちょい」というようですが
もう治るより先にあの世に行きそうな私です。
byたかし
posted by 社長 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月26日

ジャガイモの芽

こんにちは もんなたかしです。

 一昨日ジャガイモの芽を欠きました。
お彼岸前にジャガイモの種芋を植えるんだと亡くなった父が良く申しておりました。
私が数年畑もどきを放棄してしましたがどういう訳か思いつきで畑を耕し種の植え付け 暇な日には草取りとまるで
にわかお百姓さんきどりです。 それでも芽が出てその岳も伸びますと嬉しいかぎりですが ここで冷や水を掛けるとするなら手間・種・堆肥・草取り・収穫とを換算すればこれはスーパーに並ぶどの野菜より高額になるのは必至・・・しかも最盛期はその野菜も最低価格のどん底の時の収穫ですからこれを思い入れや新鮮さを前面に出さなければやっていられるものではないでしょう。
 しかもその畑もどきは宅地の課税にしゃがいも???なんてナンセンスなのでしょう。
それでも人生割り切れない事ばかりなのですからこれもまたあり・・・かな?!
byたかし
posted by 社長 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月25日

アリさんとアリさんが

こんにちは もんなたかしです。

「アリさんとアリさんがごっんこ」みたいな歌がありますが
アリには触角がありまずごっんこはないかと思われますがこの暖かさでいろいろなところでアリが巣を作り困ったとか苦情はともかくよく目にします。よく見ていますとそのアリ同士がぶつかる寸でのところで止まったりよけたりと目が見えていないのでしょうがさすが触覚恐るべしと思います。ここにも社会があり兵隊アリ そして我々庶民の働きアリとがいてなんか共感と言いますが性を感じさせられますね!・・・と皆さんに共感を強いる訳ではありません(わたしだけかも)
 アリで困るのが住居や事務所の中まで侵入しその数日後には長い列をなし探し出した食料らしきものをせっせと運び出すこと
言い方を変えればその食料と言うべきものは当然人間が落としたり片付け忘れたりと原因がこちら側にあることを忘れ一方的に彼らを責める又は退治をと反省すべきは己であると
ま〜暖かくなったという事でしょうね!
byたかし
posted by 社長 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記