2017年04月19日

秘湯で温まった話

おはようございます。もんなたかしです。

 ご存じこのブログでも何度かご紹介をした「職場の教養」という小冊子をを元に弊社では毎朝7:30前に朝礼に合わせこの小冊子を輪読をしその感想等に対しディスカッションをしています。もしこの内容等を職場の代表や社長が訓示の形で知ったかぶりをして話し始めれば重箱のすみを突っつくようなことに成りかねずまた言われたらあえて摩擦を生むような話 結局は社の為でもあり自分にもプラスと分かっていても人に我れると反発を生んだり良いと分かっていても足かせとなる事柄が多く一方的に押し付けは遠慮すべきないようであることに対し弊社の場合1週交代の周り番制で朝礼登板と電話当番を受け持つようにしています。
 たまたまこの後の21日分の職場の教養には「秘湯での出来事」という表題でした。
内容はひなびた温泉宿の主人が雪山を数キロ走り最寄り駅まで出迎えに来てくれその温泉に向かう途中停車している一台の車にすれ違いました。数キロ進むと路上に外れたと思われるチェーンが落ちていてそのご主人は車を止めチエーンを広いなんと来た道をUターン先ほどの車まで送り届けたのでした。そのことに関東をした「M]さん・・・こんな形で冊子は結ばれていましたが。
この冊子からなにかと気付きいうのがこの冊子の趣旨 温泉に着く前に心温まる文章でした。よんだ私たちも心温まりました。
byたかし
posted by 社長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

18番

おはようございます。もんなたかしです。

 私の名前は「もんな」この名前での出席番号でクラス替えがあるときに代わることが有りますが「18番」となることが多かったことを思い出します。私の後は山崎 山口とか50音で男女40人クラスで大半が「18番」だったようなきがいたします。
良く「おはこ」などという言葉がありますが検索をしますとなんと「十八番」と印字をしてくるのです。
そんなことも思い入れがわヘしい私ですのでこの18の数字にもすぐに反応してしまい毎月の18日にも即座に反応
カブ(9)の2倍などと自分本位で良い方向で物事を理解国道17号は
posted by 社長 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

同窓会

おはようございます。もんなたかしです。

 昨日は準備や片付けもので昨日の出来事の報告が出来ませんでした。
実は昨日は息子の命日4/20に合わせ その日の週前の日曜日4/16という事でもう14年繰り返されています会合???
息子「篤」をしのぶ会
そんな会の名は存在しませんが良き友達が集まり自宅庭でビールパーティーを開催しました。
当初は大勢の参加があり準備も大変でしたが ここ数年決まったメンバー約10の参加であくまで私たち夫婦はオブザーバー的役割で会場の準備と片付けそしてできるだけの準備をすることにありがといという思いで精を出します。
 会の発起人は弊社スタッフの小山君 息子の仲良しだった横塚君らが中心となり「今年も場所を貸してください!」と声を!
肉野菜と彼らが中心となり精力的に準備をして頂き本当に感謝です。準備も本格的でビールサーバーまで借りて毎年大盛り上がり
そんな子供たち〈33歳)を眺めあの子が・・・と涙を抑えることも
ほんとうにありがとう
ありがとう
byたかし
posted by 社長 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月16日

募る思い

こんばんは もんなたかしです。

 もう あれはいつだったかな〜
思い出しても悪夢のような知らせでした。
電話の主は足利警察でした。 「息子さんが交通事故で日赤に・・・」と真夜中の電話
その時家内は同じ日赤に入院中でした。神様の悪戯なのでしょうか家内の一週間前には私の父親も同じく救急車で搬送と
わあずか2〜3週間の間に身内が3回も同じ病院へ救急へ搬送される事態 本当に神様を恨みました。
 あれから14年いまイマイチ調子の戻らない妻と二人三脚でな何とか毎日を送らせていただいています。
そんな失望から長い年月を掛けやっと今普通の生活が遅れています。
当時は私たち夫婦に何が足らなかったのだろう?
育て方に問題がんどなど
今でも自宅2階は2部屋はあの当時のまま
回る時間と止まった時間が混合したまま
そうこうしているうちに自分たち夫婦が息子の下へ・・・どちらかと言えばそちらの心配をするべきなのでしょうね〜
byたかし
posted by 社長 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

桜吹雪

おはようございます。もんなたかしです。

 なぜか例年のような盛り上にかけた今年の桜事情のように思われます。(私の感覚です)
考えてみますと先行きの見えない不安感が随所に現れているのでは 諸外国に流され風見鶏的なところ(見ているのは国外であの〇〇予算とか思いやり何とかとか・・・そのいくらかを保育園の待機児童の為とかお年寄りに対応をすればどれだけ先行き不安を解消できるか! それどころが高齢者まで搾り取ろうとする今のやり方はすべての国民を一層疑心暗鬼の世界へ誘うのは必至
 sakura.jpgその桜もあちらこちらで満開時期をすぎ少しの風で「桜吹雪状態」キレイはわかりますが「パーッと咲き さ〜ット散る」今から半世紀以上も教訓を忘れている方々が多くなっているそんなところに憂慮の今日この頃です。
byたかし

posted by 社長 at 11:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

ミドリのころ

おはようございます。もんなたかしです。

 山の木々も今は萌木色
息吹をふき始めた木々に自然の素晴らしさを感じます。
ましてや日本特有の季節感を感じられる芽吹きから始まり日に日に色を増し深いグリーンへと季節は進みゆっくりと紅葉へ
こんな変化を求め人々は移動し変化を求め移り行く自然を愛す 途中花芽をつけ大きく変身を遂げる木々もありその変化に心揺さぶられる日本人に生まれて良かったと改めて考えらさせられる次第です。
 あえて言わせていただけるならここに温泉やう山歩きを組み込み本来の素晴らしさにプラスっセる技を持つ私は天才?
まあジークはそのへんで これから移り行く山々を ちなみに近くに山がない方々も公園の木々庭先の木々も
「私たちを見て」・・・と聞こえませんか?
byたかし
posted by 社長 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月13日

夜間診療

おはようございます。もんなたかしです。

 急な発熱 お子さんがまた小さいご家庭では良くあるできごと
子育てを経験すれば誰しも1度や2度そんな事態に遭遇したことありますよね!
またお年寄りを自宅でお世話をするご家庭での大変さご察しいたします。結局往診を何とかお願いをし町の先生に診てもらうか動かせるかの判断に迫られた時には救急車以外に手立てがありません。
 状況も大きく違いますが昨日21時をまわり「トイレが使えないので何とか対応をしてもらえないか?」という問い合わせね即座に故障に対する考えられる部品を積み込み10qほど先のお宅へ向かい2時間ほどで応急措置ができ安堵をしながら家路を急ぎました。実はその前の修理も夕方以降が指定で戻るや否や夜食も取らず向かったっものでした。
 そんな中これが人を観るのとは違いリスクも少なくそれ以降長いお付き合いのお客様になって頂ける可能性が有ったりと・・
表面上は人の為と思いきや結局自分の為(自社)であることに気が付かさせられます。
同時に感謝するのはこちらの方であると気づかされました。
出会いに感謝でしょうかね~
byたかし
posted by 社長 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

快晴なれど風強し

おはようございます。もんなたかしです。

 最近になく降雨量と言い降雨時間と言い共に最近に最大量でした。
まだまだやらなければならないのですが 畑の方も耕したりく一応ですが雑草の世話のできましたので一段落といった具合です。
しかしまたまた道の駅で下仁田ネギ苗をよせばいいのに2袋も なんと1袋に10本以上の苗が・・・先が思いやられます。
今仕事での残土を利用しできた畑もどきのところへ堆肥を入れようと依頼をしてありましたがその進入路に残材が山住でいま片づけを町堆肥搬入後散布をしてから一度耕しその後各野菜を植え付けようと・・・しかしその残材も大型ユニック1台でもまだ乗り切らない状況に少し手を焼いています。片づけは私一人なので業務の合間での作業には限界
 そうこうしているうちに4月に入りまもなく半ばとなりますが残念なことに仕事優先で畑どころの騒ぎではなくなり草ぼ−ぼーになってしまうのが毎年繰り返されるパターンでもあるのです。そこにイノシシの襲来これが畑作業を数年頓挫してしまった原因でもありました。仕事も辞めた時が定年なのですが例えばいざ畑をといっても経験と実績が必要でこれから繰り返す失敗も勉強
その勉強をを繰り返すには来年から・いつかラかみたいな先送りは結局自分の弱さからくるものと戒めたいと思います。
一昨日やっとジャガイモの芽が出てきてました。以前紹介をした山菜畑のタラの芽も収穫してんぷらパーティもできました。
そんな春の息吹を肌で感じながら 次は何にチャレンジしましょうかね〜
byたかし
posted by 社長 at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月11日

口が新しい

おはようございます。もんなたかしです。

 新しい口と書き「噺家」
これを「はなし家」と読むのはご存知ですよね〜
登場人物一人から 2人 そして複数人と一人で演じ分けstoryの前説からエンディングまで面白おおかしく時にはお涙頂戴
そんな援助を落語家とかはなし家とか申すようです。長いものでは2年先のスケジュールまで埋まった噺家も多くいるときき愕いています。私なんて明日がわからないのに2年先まで!? 
昨日は噺家にスポットを当てたテレビ番組の中で25人抜きを果たし真打になったという春風亭一之介氏 謙虚でありながら努力家であることに着目しました。
 緞帳の脇で前座の話への反応に注意をはらいその日の演目を決める。今日は反応薄・・・それを見て今日の出し物を決めるそうです。その演目は数は200を超えると言うそして舞台に上がりまくらの部分で世間話風に自分の息子の話がはじまりこんな客の反応を見て急遽古典落語の「初天神」へ変更 話も子供とのやり取りで聞き取りにくい言葉に対し「北の国営放送じゃあるまいし・・・」と鋭く時世の語句をちりばめる テレビもラジオも受信側で耳をすませばいろいろなな情報を得ることが出来るものです。客をどう引き付けるか反省と勉強になりました。
byたかし
posted by 社長 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月10日

四万紀行(2)

おはようございます。もんなたかしです。

 昔は湯治場なるところが大変盛んな時があったようです。
農家などに従事する方々は夜が明けてから陽が落ちるまでとほぼ一年をこんな形だったようです。ましてや陽が落ちてからもて作業は続いたことだったのでしょう。その方々が全てではないにしろ今でも北国の方では湯治と言う形が健在でそのために日常のきつい仕事での体力気力を癒そうと自炊での湯治場に足蹴く通うと言うようなドキュメント番組を拝見したことが有りました。
 そこにはまた別の世界が待ち受け知らぬ者同士がそれぞれの部屋を訪ねこたつに入りそれぞれの作った鍋や料理を交換しにと普段の生活とは一変したもう一人の自分(夫婦)の世界がまっているのでしょうね!
積善館.jpg 実は私の祖母も私の記憶に微かに残っている程度ですが四万温泉の積善館さんに行っていたことを思い出します。
いまでも湯治場として健在だそうですが普段の予約で泊る建物とは入口も部屋も違うことが多いようで奥の狭い通路を抜けると突き当りに炊事場が有り共同の冷蔵庫がありとみたいな レトロを感じますね〜 その祖母が足蹴く通った歳をもう遥かに追い越してしまいましたこの私はと言えば時間さえ許せばとは思いながらも日帰りもしくはせめて前日初のプチ宿泊が精一杯の旅となってしまいます。それでも温泉はいいのもですね〜 日本人で良かった。 塩原や那須の北温泉など今でもその湯治場が健在のようでよ!
ちなみに「千と千尋の神隠し」に描かれたモデルとしたのが先ほどの積善館でした。
そんな四万の湯に昨日は浸かってまいりました。自宅から1:30のドライブです。
byたかし
posted by 社長 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記