2017年06月18日

白樺湖一周

おはようございます。もんなたかしです。

 長野県八ヶ岳山麓の白樺湖周辺は白い霧に包まれた朝を迎えました。湖畔に宿をとり
5時前に起床 とりあえず温泉には入り少しゆっくりしたあと思い立って白樺湖湖畔を一周することにしました。
一周4km弱 これなら1時間はかからないはずととにかくスタートをしてみました。
岸辺には釣りをする人が多数 その大半はヘラブナ釣りの支度のようでした。
標高もそこそことあって ワカサギや虹鱒とか渓流魚をそうていしたのですがちょっとガックリ
DSC_0915[1].JPG
所要時間は50分
写真は30枚ほど取りながら歩いてみました。。
byたかし

posted by 社長 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月17日

何センチ

おはようございます。もんなたかしです。

 先日よりデータケーブルが見つからなくなり報告が遅くなりました。
先週日曜日 只見川上流での釣果をお知らせいたします。
メジャーではかりませんでした。夢が壊れないようにと!
それは冗談ですが
DSC_0877[1].JPG
本流の釣りの難しさを知りました。
釣れたのはウグイやハヤばかり
間違って写真のイワナをゲットできました。
奥只見湖には60pそれ以上のイワナが実際釣れているそうです。
昔の釣りを紹介する雑誌等には1m越が確認できるとか 開高健氏とかがその昔いくつかの河川を
立ち入り禁止の保護地区に推挙し自然を守る運動を推し進めたとか?
それにしても本流釣りは難しいです。私には!
byたかし

posted by 社長 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

悲しい知らせ 悲しい知らせ

おはようございます。もんなたかしです。

 じつは一昨日小さな鳥のひなを拾いました。1匹はもうすでに・・・
その小鳥はどうやらすづめのようでした。
残りの2匹は血が出ていたものの箱に入れ水を飲ませてから親鳥に分かるように猫(我が家の黒猫や野良猫)に襲われないよう高いところに置いていたのですがその甲斐なくもう一匹は朝方冷たくなっていました。もう一匹も冷たくかすかに動く程度だったのです。発見は朝4時過ぎ それから約3時間手の中で温め続けようやく動けるまで回復したので餌を用意し食べさせてみました。
目はまだ見えないものの大きな口を開け親鳥が餌をと?それとも本能?なのか大きな口に割りばしの先を削ったスプーンで小分けにし解放したのですが午後になりLEDでそこそこ暖かくなるようにして30分ほど用足しをして戻ると固く冷たくなっていました。
どんな小さな命でも命は命 やるだけのことはとつくしはしましたがその甲斐なく・・・
もう何度も見てきた身近なところでの同じようなシーン この子を無事成長をさせ彼らの住む世界に送り出してやりたい
そう思ったのですが・・・残念
byたかし
写真も取ったのですがボツにいたします。
posted by 社長 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月15日

じゃがいも

こんにちは もんなたかしです。

 今日は自慢をしようと家内を連れにわか畑を視察に同行をしてもらいました。
屋外での作業は 特に家内は下を向いて作業をしますと眼圧が上がり目の毛細血管が破裂し目が見えなくなる可能性があるので
無理をしない程度で短時間とうことで ジャガイモ2株堀上ますと驚きおどろき 大粒のジャガイモが十数個 これには驚き
これは佐野市に住む兄同然の久さんに教わったマルチ農法・・(耕したあと薄い黒フイルムを敷き周りに飛ばぬよう泥を掛けそこに穴をあけ種を植え付けただけ こうすることで草取りの手間が省け土(フイルム内)の温度が上がり成長を助けるとのこと
半信半疑で言われた通りの結果今まで経験をしたことないほどの成果にびっくり
早速身近な人たちにお裾分けに回りました。
byたかし


posted by 社長 at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月14日

一段落

おはようございます。もんなたかしです。

 人生に於いて一段落は困りますが
ちょっと「コーヒータイム」という事で
5月末で弊社の年度替わり 今決算の書類等を作らねばと考えています。
自分の担当した少しだけまとまった仕事がいくつか終わり気分的にも一段落
仕事ですからこの仕事に住している限りはエンドレスで回り続けなければというのは勿論のことです。
しかし我武者羅に動き回った30〜40代とは何事においても違ってしまいました。
一番は社会の仕組みでしょう あの終わらないほどの需要は何処へ?
ついで体力気力でございます。「そんな弱気でどうする!」とおしかりを受けようとちょっとした段差で転ぶ
現実を素直に受け止める方が賢明でしょう。もちろん自社努力で若さを保とうとするのは必要でしょう。
しかし時の歯車は時を止めようとしない限りいつかは逝く道を歩みを遅くするか早いのかという問題
ではその歩みを自分で決めることが出来ないのなら
今を 今日をどう生きるか ただ日が灯るだけよりどう燃やすかを真剣に考えようではありませんか!
いっぷくしながら考えましょう(たばこは吸いませんけど)
BYたかし
posted by 社長 at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月13日

ふれ〜ふれ〜

こんばんは もんなたかしです。

 世の中には多くの人がいます。
普通に毎日を送っておりますと何も感ずることが有りませんが ひとたび家族や自分に近い存在であればこそ何か起これば
よけいに憂いてしまいます。ましてやこの間まで何不自由なく送っていた生活が一変病院生活や人の手を借りるような生活に
変わってしまったとしたら・・・さてあなたはどうするでようか?
 たぶん私が想像するに健常者側の気持ちが優先するに違いありません つまり楽観視した考え方であろうと
ひとたび状況が変わりまさに当事者に変わろうものであればそれは絶望に近い想像をめぐらすに違いありません。
それは闘病や入院日数が増すごとに気持ちが沈んでいくと思います。
 そんなひとに「頑張ってください」ではなく病気を受け入れ良き方向へと導く医師を信じ希望を持ち続けることです。
その中で良きアドバイス等を参考に無理をせず一歩ずつ前に進んでいきましょう。
そんな多くの人に「ふれ〜ふれ〜」とエールを送ります。
byたかし
posted by 社長 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月12日

終着駅

おはようございます。 もんなたかしです。

 「終着駅は始発駅」
どこかできたようなフレームですね!
今日は思い出せなくらい遠い昔にこの場所を通ったことのあるような記憶がります。
しかし豪雪地帯とあって常にがけ崩れがあり通行止めは日常茶飯事でありこれを解消するかのように
尾瀬へ入るための観光船が一日2便就航をしています。しかしこの時期早朝便として7時ずぎにも一便あるとか
その船を使用しあらかじめ予約をして沼山峠行きの会津バスに乗り換え尾瀬を目指すための交通手段となるのです。
それにしても山奥のそのまた山奥での不便さを求め人は往来するようです。
尾瀬渡船ブログ.jpg
R352は現在この船着き場上のところで通行止め この場所は小出まで約60q付近(塩原からは約100q)
会津田島・桧枝岐を通り見渡す限り人家のない山奥の地へ
道路の写真は仮設トイレしかなく写真の絵にならないので写真は撮りませんでした。
ここが実質状の終着駅という事になります。
ハイカーに取って夢と希望に燃え心の充電をしに来られる方にとっては
まさに始発駅となるでしょう
そんな旅にしようかと昨日釣り&ドライブ そして山菜を分けてもらいにと こころの充電の旅に出かけてた来ました。
BYたかし
posted by 社長 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月11日

何センチ

こんばんは もんなたかしです。

 昨夜から今日の夕刻まで全てから解放され遊んできました。
向かった先は奥只見湖の最南端
只見川の上流域 最上流は尾瀬沼の水が山上の滝となりその下流域湖面へ流れ込む場所より500Mから2~3qほどの場所で釣りをするというものでした。
posted by 社長 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月10日

明日は釣り

こんにちは もんなたかしです。

 今晩9:00に佐野を出新潟県の三条の滝下流を目指し出発をします。
実は釣りと言いても餌釣りをするのは数十年ぶり しかもその忘れるほど前にも良い結果を出したことが有りません。
今回の誘いで行くと決心をした中に山菜を取りながらというフレーズがあったことが決めてでもあります。
釣りの対象はヤマメ・イワナの混成だそうで そもそもイワナと聞いただけで上流域であることは言うまでも荒れません。
そこにヤマメと言いますと少し下流に位置をしますが 〃水域でアリながらこのヤマメを釣る技はイワナとの駆け引きとは
雲泥の差 このヤマメを上手に釣り上げることは釣り師の格を左右するがごとくと言いても過言ではないかと思います。
ですから私の場合は向う合わせのイワナが釣れてくれれば最高と考えています。
それにしてもした道で行けば6時間 結構厳しいたびになりそうです。
BYたかし
posted by 社長 at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月09日

梅雨???

こんにちは もんなたかしです。

 梅雨の雲はどこへ
もしかして気象庁は梅雨の宣言を撤回したい??? それは無理でも内心後悔をしているのではと疑いたくなります。
この梅雨前に除草作業をし再度耕した後(もう2度目)堆肥をいれまして 遅きにししたかもしれませんが里芋やコンニャクそして薩摩芋をと しかし現地には水がないのです。種芋を植えたは良いものの乾燥芋になりかね階のが心配です。
半分はジョークですが不安はそのまた倍以上 さてどういたしましうか?
byたかし
posted by 社長 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記