2017年04月28日

コンポースト

おはようございます。もんなたかしです。

 つい最近まで粗大ごみ同然のプラスチックの逆三角形で底の抜けた蓋つきバケツみたいな存在が一躍光を浴びることになりました。と申しますのはにわか畑の延長線に家庭ごみをコンポーストという先ほどの説明のような形状の容器に入れ生活での生ごみを堆肥に耐えるというものまだスタートをしてから数週間ですのでまだまだ堆肥には程遠いのですが心配は何度か報告をしていますイノシシが匂いに任せその容器を力任せに牙で壊すのではという一抹の不安が付いて回ります。自宅は本当の住宅地でありますがそのイノシシが今までに庭を堀上たという過去数回の経験からいえばかなり高い確率にあると考えられるのです。つい先日も松本市の有名な古墳公園で(周りは住宅地)ニホンカモシカ2頭が目の前を横断したばかりなものですから
 言い換えれば日本は平和だ!こんな話題を提供していられるのですからね~・・・
byたかし


posted by 社長 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月27日

おっちょこちょい

こんにちは もんなたかしです。

 大切に大切に小さな部品を分解清掃をしました。
ある部品を解体し清掃が終わり組付も終了そうして第2番目の部品を解体し清掃も完了
さて組み付けるかという段階で僅か3mm*20mmほどの部品がポロリそれから2時間も探した挙句見つからない状況にありもう諦め新品を購入といろいろ調べてみますとロビンという有名会社がなくなってしまたというのです。どうりでいくつかの関連部品を注文しても何か頓珍漢な回答が続いたのはそのせいであったことに今気が付きました。 それから難題は弊社にはロビン製のエンジンを使い製品が5台以上あり今後その問題が何度も起こりうるということ 反省はしても何度も来る返す 世間ではそれを「おっちょこちょい」というようですが
もう治るより先にあの世に行きそうな私です。
byたかし
posted by 社長 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月26日

ジャガイモの芽

こんにちは もんなたかしです。

 一昨日ジャガイモの芽を欠きました。
お彼岸前にジャガイモの種芋を植えるんだと亡くなった父が良く申しておりました。
私が数年畑もどきを放棄してしましたがどういう訳か思いつきで畑を耕し種の植え付け 暇な日には草取りとまるで
にわかお百姓さんきどりです。 それでも芽が出てその岳も伸びますと嬉しいかぎりですが ここで冷や水を掛けるとするなら手間・種・堆肥・草取り・収穫とを換算すればこれはスーパーに並ぶどの野菜より高額になるのは必至・・・しかも最盛期はその野菜も最低価格のどん底の時の収穫ですからこれを思い入れや新鮮さを前面に出さなければやっていられるものではないでしょう。
 しかもその畑もどきは宅地の課税にしゃがいも???なんてナンセンスなのでしょう。
それでも人生割り切れない事ばかりなのですからこれもまたあり・・・かな?!
byたかし
posted by 社長 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月25日

アリさんとアリさんが

こんにちは もんなたかしです。

「アリさんとアリさんがごっんこ」みたいな歌がありますが
アリには触角がありまずごっんこはないかと思われますがこの暖かさでいろいろなところでアリが巣を作り困ったとか苦情はともかくよく目にします。よく見ていますとそのアリ同士がぶつかる寸でのところで止まったりよけたりと目が見えていないのでしょうがさすが触覚恐るべしと思います。ここにも社会があり兵隊アリ そして我々庶民の働きアリとがいてなんか共感と言いますが性を感じさせられますね!・・・と皆さんに共感を強いる訳ではありません(わたしだけかも)
 アリで困るのが住居や事務所の中まで侵入しその数日後には長い列をなし探し出した食料らしきものをせっせと運び出すこと
言い方を変えればその食料と言うべきものは当然人間が落としたり片付け忘れたりと原因がこちら側にあることを忘れ一方的に彼らを責める又は退治をと反省すべきは己であると
ま〜暖かくなったという事でしょうね!
byたかし
posted by 社長 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月24日

緑が濃くなりました

おはようございます。もんなたかしです。

 山々の木々の芽が吹き出してから数週間でかなり濃い緑に代わり本来の夏の装いに間もなくと言ったところでしょうか?
昨日ここ足利より280q程離れた長野県の上高地まで出かけてみました。トンネル1つ抜けると岐阜県平湯という位置にあります。
上高地大正池は標高1490m 登山者の玄関口バスターミナルは1500mですのでmだ雪の中で柳の木が芽を吹いた程度でした。
 現在東北地方が桜の見ごろとなったようですがここはまだ春を待ち受ける状況でした。 しかし道すがら満開の桜を何度目にしたことか 時間調整にと4千本の桜が咲くという弘法山古墳(公園)にも立ち寄ってみました。散り始めたとはいえ県下第2の桜の名所という事で見ごたえありの桜吹雪も見事でした。驚いたのは本当に街中というのにニホンカモシカの親子らしき2頭が目の前を横断これはさすがに驚きを隠せんせんでした。あまりの突然に写真にも収めることが出来ず残念でした。
一雨降るごとに木々の色合いが増し 嫌なこと良い子とお構いなしに時は流れ季節は進むものですね!
DSC_0464[1].JPG
byたかし
posted by 社長 at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月23日

上高地IN

おはようございます。もんなたかしです。

 今シーズン初めての上高地入りを致しました。
と申しましてもここへの入山は4月17日の釜トンネル開通をまってのここで働くホテルやレストランのお客様の受け入れ準備をする人たちが先行するそうです。
DSC_0393.JPG

 この先のは4月29日からの連休はこの別天地を一目焼き付けておこうとこのちへ押し寄せてくt^ることが想定されます。
そこに外国人観光客が重なりここでのスポットの一つかっぱ橋などでは写真をとる騒ぎではないことが今では恒例の状況でもあるのです。 そんな事情を察してのことと言いたいのですが・・・実際のところかないと二人で前日かから乗鞍温泉郷の白濁湯に浸かろうと計画をし後は予約の決定ボタンを押すだけで予約完了のはずだったのですが 長男が一緒にという事で仕事の関係で休みまではとれず今朝4:00に家を出て妹を拾い4人で現地8:00にマイカー規制をタクシーを使い現地入りをしたところです。
byたかし
posted by 社長 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

花曇り

おはようございます。もんなたかしです。

 ここ数日で一番ゆっくりとした気持ちで投稿をさせて頂いています。
正直投稿が空いてしまう事に反省をしながら空いた黒文字を赤く染めることに奔走
本来ブログ投稿にも本心とそれを偽りながらの投稿が私の中に存在しています。
書きたい気持ちを書く これが本来あるべき姿ののでしょうが会社の中に設けるブログは社の記事であることに注意を払う義務も負っていることをつい忘れがちになりますがここは・・・「まてよ!」と数行削除することもマレの出来事ではなりません。
そんなブログもSE岡崎氏の助言指導もあり約束事の毎日投稿を守ろうとまたまた奔走すること連日
その甲斐もあり例えば「設備会社」と検索するだけでトップページに表記するまでになりこれまでの約束事が報われたような気がいたしますと共に岡崎さんや多くの読者 コメントの送信この方々により成し遂げられたわざでもあり本当にありがとうございます。
そんな中忙しいと愚痴建てではなく畑や草取り ご飯の用意 家事にも積極的に参加を今以上に夫婦の時間を大切にしています。
仕事は当然今まで以上に打ち込み・・・とあとどれくらいかは神様が決めることですが精一杯生きてみよう考えています妻と2人で
今日は花曇り 時より陽が射しています。4/20に墓参りが出来ませんでしたので妻と2人で出かけてきたいと思います。
byたかし
posted by 社長 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月21日

コンクリート打ち

こんばんは もんなたかしです。

 目の回わ数日でした。特にきょうは
全日のアクシデントで真夜中を過ぎ日付を跨いでの帰宅となり今朝も同現場のコンクリート打ち作業の準備で6時には用意を
そうなんです。応援を頼んでの仕事 わつぃに責任はありますのを前提に・・・老朽した給水管の破損をたのみ確認をしたにも関わらず思い込みというものは恐ろしい! 通水をしていなかったのです。それが夜中に水を出そうと止水栓をひねると水があふれたとの連絡に現場に急行 ますはお詫びをし内容を確認しますと破損した部分の先もそのまた先も破断していたのでした。素直にお詫びをして直ちに修復をして再度お詫びをし現地を離れました。そのお客様は「申し訳ないこんな時間に」と本当にこちらのミスでと何度もお詫びを致しましたが本当にほんとうにありがとうございます。もし自分だったらどうしただろう?? こんなに優しい声を掛けられるのだろうか 反省とお詫びと感謝の入り混じった時間となりました。
 そういう訳で今朝開口一番ご挨拶をお詫びを皮切りに約1㎥のコンクリートを流し込み生コンの凝固に合わせ仕上げこてにて何度も何度も表面を撫で仕上げを 感謝の気持ちを込めきれいに仕上げようと気合を込めた対応を致しました。
 本当にありがたいのは昨夜呼んで頂き修理が完了していたことでもし呼んで頂いていなければ翌日の今日この時間に予定通りの作業が進められたことです。
そのことをふまえお客様にはこう申し上げました。
「申し訳ございませんでした。そして本当にありがとうございます」と
byたかし


posted by 社長 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

命日

おはようございます。もんなたかしです。

 毎年この日が来るとあの子に何もしてやれなかったな〜
今頃どうしているかな〜・・・と
しかし残念なことに思っていても仕事に追われ彼のことを忘れがちな日も少なくないことが現実
反省を込めながらも今日も墓参りの時間が出来そうにありません 先日仏様に買った花を横目に線香を1本
今日も精一杯頑張ろう 葬儀場で約束をした「君の分と2人分生きると」と約束をしたことを今でも守っています。
それにしても早く上がれそうな気がしません
「あつし まってて」そんな年回りに立ってしまいました!
byたかし
posted by 社長 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

秘湯で温まった話

おはようございます。もんなたかしです。

 ご存じこのブログでも何度かご紹介をした「職場の教養」という小冊子をを元に弊社では毎朝7:30前に朝礼に合わせこの小冊子を輪読をしその感想等に対しディスカッションをしています。もしこの内容等を職場の代表や社長が訓示の形で知ったかぶりをして話し始めれば重箱のすみを突っつくようなことに成りかねずまた言われたらあえて摩擦を生むような話 結局は社の為でもあり自分にもプラスと分かっていても人に我れると反発を生んだり良いと分かっていても足かせとなる事柄が多く一方的に押し付けは遠慮すべきないようであることに対し弊社の場合1週交代の周り番制で朝礼登板と電話当番を受け持つようにしています。
 たまたまこの後の21日分の職場の教養には「秘湯での出来事」という表題でした。
内容はひなびた温泉宿の主人が雪山を数キロ走り最寄り駅まで出迎えに来てくれその温泉に向かう途中停車している一台の車にすれ違いました。数キロ進むと路上に外れたと思われるチェーンが落ちていてそのご主人は車を止めチエーンを広いなんと来た道をUターン先ほどの車まで送り届けたのでした。そのことに関東をした「M]さん・・・こんな形で冊子は結ばれていましたが。
この冊子からなにかと気付きいうのがこの冊子の趣旨 温泉に着く前に心温まる文章でした。よんだ私たちも心温まりました。
byたかし
posted by 社長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

18番

おはようございます。もんなたかしです。

 私の名前は「もんな」この名前での出席番号でクラス替えがあるときに代わることが有りますが「18番」となることが多かったことを思い出します。私の後は山崎 山口とか50音で男女40人クラスで大半が「18番」だったようなきがいたします。
良く「おはこ」などという言葉がありますが検索をしますとなんと「十八番」と印字をしてくるのです。
そんなことも思い入れがわヘしい私ですのでこの18の数字にもすぐに反応してしまい毎月の18日にも即座に反応
カブ(9)の2倍などと自分本位で良い方向で物事を理解国道17号は
posted by 社長 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

同窓会

おはようございます。もんなたかしです。

 昨日は準備や片付けもので昨日の出来事の報告が出来ませんでした。
実は昨日は息子の命日4/20に合わせ その日の週前の日曜日4/16という事でもう14年繰り返されています会合???
息子「篤」をしのぶ会
そんな会の名は存在しませんが良き友達が集まり自宅庭でビールパーティーを開催しました。
当初は大勢の参加があり準備も大変でしたが ここ数年決まったメンバー約10の参加であくまで私たち夫婦はオブザーバー的役割で会場の準備と片付けそしてできるだけの準備をすることにありがといという思いで精を出します。
 会の発起人は弊社スタッフの小山君 息子の仲良しだった横塚君らが中心となり「今年も場所を貸してください!」と声を!
肉野菜と彼らが中心となり精力的に準備をして頂き本当に感謝です。準備も本格的でビールサーバーまで借りて毎年大盛り上がり
そんな子供たち〈33歳)を眺めあの子が・・・と涙を抑えることも
ほんとうにありがとう
ありがとう
byたかし
posted by 社長 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月16日

募る思い

こんばんは もんなたかしです。

 もう あれはいつだったかな〜
思い出しても悪夢のような知らせでした。
電話の主は足利警察でした。 「息子さんが交通事故で日赤に・・・」と真夜中の電話
その時家内は同じ日赤に入院中でした。神様の悪戯なのでしょうか家内の一週間前には私の父親も同じく救急車で搬送と
わあずか2〜3週間の間に身内が3回も同じ病院へ救急へ搬送される事態 本当に神様を恨みました。
 あれから14年いまイマイチ調子の戻らない妻と二人三脚でな何とか毎日を送らせていただいています。
そんな失望から長い年月を掛けやっと今普通の生活が遅れています。
当時は私たち夫婦に何が足らなかったのだろう?
育て方に問題がんどなど
今でも自宅2階は2部屋はあの当時のまま
回る時間と止まった時間が混合したまま
そうこうしているうちに自分たち夫婦が息子の下へ・・・どちらかと言えばそちらの心配をするべきなのでしょうね〜
byたかし
posted by 社長 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

桜吹雪

おはようございます。もんなたかしです。

 なぜか例年のような盛り上にかけた今年の桜事情のように思われます。(私の感覚です)
考えてみますと先行きの見えない不安感が随所に現れているのでは 諸外国に流され風見鶏的なところ(見ているのは国外であの〇〇予算とか思いやり何とかとか・・・そのいくらかを保育園の待機児童の為とかお年寄りに対応をすればどれだけ先行き不安を解消できるか! それどころが高齢者まで搾り取ろうとする今のやり方はすべての国民を一層疑心暗鬼の世界へ誘うのは必至
 sakura.jpgその桜もあちらこちらで満開時期をすぎ少しの風で「桜吹雪状態」キレイはわかりますが「パーッと咲き さ〜ット散る」今から半世紀以上も教訓を忘れている方々が多くなっているそんなところに憂慮の今日この頃です。
byたかし

posted by 社長 at 11:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

ミドリのころ

おはようございます。もんなたかしです。

 山の木々も今は萌木色
息吹をふき始めた木々に自然の素晴らしさを感じます。
ましてや日本特有の季節感を感じられる芽吹きから始まり日に日に色を増し深いグリーンへと季節は進みゆっくりと紅葉へ
こんな変化を求め人々は移動し変化を求め移り行く自然を愛す 途中花芽をつけ大きく変身を遂げる木々もありその変化に心揺さぶられる日本人に生まれて良かったと改めて考えらさせられる次第です。
 あえて言わせていただけるならここに温泉やう山歩きを組み込み本来の素晴らしさにプラスっセる技を持つ私は天才?
まあジークはそのへんで これから移り行く山々を ちなみに近くに山がない方々も公園の木々庭先の木々も
「私たちを見て」・・・と聞こえませんか?
byたかし
posted by 社長 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月13日

夜間診療

おはようございます。もんなたかしです。

 急な発熱 お子さんがまた小さいご家庭では良くあるできごと
子育てを経験すれば誰しも1度や2度そんな事態に遭遇したことありますよね!
またお年寄りを自宅でお世話をするご家庭での大変さご察しいたします。結局往診を何とかお願いをし町の先生に診てもらうか動かせるかの判断に迫られた時には救急車以外に手立てがありません。
 状況も大きく違いますが昨日21時をまわり「トイレが使えないので何とか対応をしてもらえないか?」という問い合わせね即座に故障に対する考えられる部品を積み込み10qほど先のお宅へ向かい2時間ほどで応急措置ができ安堵をしながら家路を急ぎました。実はその前の修理も夕方以降が指定で戻るや否や夜食も取らず向かったっものでした。
 そんな中これが人を観るのとは違いリスクも少なくそれ以降長いお付き合いのお客様になって頂ける可能性が有ったりと・・
表面上は人の為と思いきや結局自分の為(自社)であることに気が付かさせられます。
同時に感謝するのはこちらの方であると気づかされました。
出会いに感謝でしょうかね~
byたかし
posted by 社長 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

快晴なれど風強し

おはようございます。もんなたかしです。

 最近になく降雨量と言い降雨時間と言い共に最近に最大量でした。
まだまだやらなければならないのですが 畑の方も耕したりく一応ですが雑草の世話のできましたので一段落といった具合です。
しかしまたまた道の駅で下仁田ネギ苗をよせばいいのに2袋も なんと1袋に10本以上の苗が・・・先が思いやられます。
今仕事での残土を利用しできた畑もどきのところへ堆肥を入れようと依頼をしてありましたがその進入路に残材が山住でいま片づけを町堆肥搬入後散布をしてから一度耕しその後各野菜を植え付けようと・・・しかしその残材も大型ユニック1台でもまだ乗り切らない状況に少し手を焼いています。片づけは私一人なので業務の合間での作業には限界
 そうこうしているうちに4月に入りまもなく半ばとなりますが残念なことに仕事優先で畑どころの騒ぎではなくなり草ぼ−ぼーになってしまうのが毎年繰り返されるパターンでもあるのです。そこにイノシシの襲来これが畑作業を数年頓挫してしまった原因でもありました。仕事も辞めた時が定年なのですが例えばいざ畑をといっても経験と実績が必要でこれから繰り返す失敗も勉強
その勉強をを繰り返すには来年から・いつかラかみたいな先送りは結局自分の弱さからくるものと戒めたいと思います。
一昨日やっとジャガイモの芽が出てきてました。以前紹介をした山菜畑のタラの芽も収穫してんぷらパーティもできました。
そんな春の息吹を肌で感じながら 次は何にチャレンジしましょうかね〜
byたかし
posted by 社長 at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月11日

口が新しい

おはようございます。もんなたかしです。

 新しい口と書き「噺家」
これを「はなし家」と読むのはご存知ですよね〜
登場人物一人から 2人 そして複数人と一人で演じ分けstoryの前説からエンディングまで面白おおかしく時にはお涙頂戴
そんな援助を落語家とかはなし家とか申すようです。長いものでは2年先のスケジュールまで埋まった噺家も多くいるときき愕いています。私なんて明日がわからないのに2年先まで!? 
昨日は噺家にスポットを当てたテレビ番組の中で25人抜きを果たし真打になったという春風亭一之介氏 謙虚でありながら努力家であることに着目しました。
 緞帳の脇で前座の話への反応に注意をはらいその日の演目を決める。今日は反応薄・・・それを見て今日の出し物を決めるそうです。その演目は数は200を超えると言うそして舞台に上がりまくらの部分で世間話風に自分の息子の話がはじまりこんな客の反応を見て急遽古典落語の「初天神」へ変更 話も子供とのやり取りで聞き取りにくい言葉に対し「北の国営放送じゃあるまいし・・・」と鋭く時世の語句をちりばめる テレビもラジオも受信側で耳をすませばいろいろなな情報を得ることが出来るものです。客をどう引き付けるか反省と勉強になりました。
byたかし
posted by 社長 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月10日

四万紀行(2)

おはようございます。もんなたかしです。

 昔は湯治場なるところが大変盛んな時があったようです。
農家などに従事する方々は夜が明けてから陽が落ちるまでとほぼ一年をこんな形だったようです。ましてや陽が落ちてからもて作業は続いたことだったのでしょう。その方々が全てではないにしろ今でも北国の方では湯治と言う形が健在でそのために日常のきつい仕事での体力気力を癒そうと自炊での湯治場に足蹴く通うと言うようなドキュメント番組を拝見したことが有りました。
 そこにはまた別の世界が待ち受け知らぬ者同士がそれぞれの部屋を訪ねこたつに入りそれぞれの作った鍋や料理を交換しにと普段の生活とは一変したもう一人の自分(夫婦)の世界がまっているのでしょうね!
積善館.jpg 実は私の祖母も私の記憶に微かに残っている程度ですが四万温泉の積善館さんに行っていたことを思い出します。
いまでも湯治場として健在だそうですが普段の予約で泊る建物とは入口も部屋も違うことが多いようで奥の狭い通路を抜けると突き当りに炊事場が有り共同の冷蔵庫がありとみたいな レトロを感じますね〜 その祖母が足蹴く通った歳をもう遥かに追い越してしまいましたこの私はと言えば時間さえ許せばとは思いながらも日帰りもしくはせめて前日初のプチ宿泊が精一杯の旅となってしまいます。それでも温泉はいいのもですね〜 日本人で良かった。 塩原や那須の北温泉など今でもその湯治場が健在のようでよ!
ちなみに「千と千尋の神隠し」に描かれたモデルとしたのが先ほどの積善館でした。
そんな四万の湯に昨日は浸かってまいりました。自宅から1:30のドライブです。
byたかし
posted by 社長 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

四万紀行(1)

こんばんは もんなたかしです。

 ここ足利市には温泉と呼ばれ自噴はしていないもののポンプで汲み上げる温泉が3か所
うち1箇所はその昔大規模な温泉センターを作ったものの廃園になったマリンパレスと言う建物を現在遊興施設グループが「鹿島園」という名で営業を続けています。地下に男女大浴槽(かけ流)がありゴルフ打ちっぱなしの2階を改装し洗い場無し浴槽のみ(循環)のと言う施設があります。 あとは日帰り温泉施設の足利健康ランドと葉鹿町の「地蔵の湯」(温泉は珪藻土の成分)と幸の湯のみであります。その幸の湯は足利市松田町の仮名四方字温泉(スタンド販売のみ)の湯を毎日ローリー車で運び入れています。
という訳で温泉と呼ばれそうなのは3施設のみ 他にも鉱泉や日帰り温泉等がいくつかあったのですが廃業や撤退
ですからあとは車を走らせての通い温泉巡り 考えればどこに向かうも中間地点・・・楽観的発想ですね〜
という訳で少し車を走らせ今回は四万温泉まで足を延ばし帰りには山越えをして山菜の下見をかね奥平温泉(水上方面)へのはしご湯周りをしてまいりました。
byたかし
posted by 社長 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記