2018年10月16日

下の廊下無事帰還

こんにちは もんなたかしです。

 脚も腰も悲鳴をあげての機関となりました。
通常のコースでは黒部ダムより阿曽原温泉に宿をとり翌朝欅平へ向け歩くのが
一般的なコースなのです。その場合マイカーを長野県の扇沢バスターミナルへ駐車したため
考え方として富山の宇奈月トロッコ列車駅までの陸送を依頼するか 富山地鉄で富山へ
その後糸魚川経由大糸線で信濃大町へ 到着時には元のターミナル行のバスは終バスです。
す。勿体ないけどタクシー利用勿体ないけどと言うパターン!
そこで考えたのが今回のコースで黒部 阿曽原温泉を往復するというコースです。
一日目は何とか頑張れるのですが翌日は上りコースになり疲労度もプラスされ困難を極めます。
何とか昨年のタイムで帰還をすることができましたが年々厳しさが増してまいります。
次回は???
byたかし


posted by 社長 at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お疲れ様です。

私がいたら足を引っ張ったでしょう。
今週は久々に腰に電流が走りました。
弱電ですが...。
Posted by ひつじ at 2018年10月20日 09:33
別件ですが大変お疲れ様でした。
Posted by もん at 2018年10月23日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184703032

この記事へのトラックバック