2018年07月05日

社会の現状


おはようございます。もんなたかしです。

  先日あるお客様の元をお訪ね致しました。
旦那様は体調がお悪いようで奥さまの介護が必要でした。
そこは戸建てアパートでした。依頼は管理会社ですがご挨拶から
現地調査そして修理まで弊社が担当をさせていただきました。
 そのはじめのご挨拶の際
「あれ?」どこかで
そこにいたのは昔の知り合いの同業者さんのようでした。
声を掛けていいものか悩みましたが知って知らぬふりもと
ご挨拶をしますと 当のご本人でした。
奥様曰く 
事情があり病気もして持ち家を手放し今はこの通りですと
ご主人の介護をしているとものこと
幸せか否かは私には分かりませんが献身的な奥様には
かなりの心労 体労がおわりでしょうと察します。
私も行く道かもしれませんがもっと安心をして暮らせる
社会を作るために偉い先生方は議論の重ねているのでは
しかしそういう方が大勢いるにもかかわらず
いる議論が空回り とんでもない予算はほかに回り
安心の世界は果たしてくるのでしょうか?
byたかし


posted by 社長 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183744015

この記事へのトラックバック