2016年08月31日

台風が去り

こんばんは もんなたかしです。

 進路を当初の予報より大きく北上し東北や北海道地方に大きな爪痕を残し日本を離れるとすぐに威力も衰え低気圧になり本当に皮肉なものです。たった数時間の出来事で建物や道路 農作物に甚大な被害が起きてしまいました。ましてや北海道に今年3度目の上陸は過去にも無く被害に合われた方々は前年続きですのでもう廃業を考えているみたいなコメントをしていました。・・・が広大な農地をどうするのか 息子には継がせたくない等々
 この悩みは台風の話は抜きにしても多くの業界・職業で同じ悩みを持つ方々が多いことhご存知でしょうがそこにこのような災害が追い打ちをかけていると言っても良いのではないでしょうか  頑張ってくださいで済まされる話ではないことを重々承知しています。ではどうすれば? それが分かるようであれば政治の舞台に立っているでしょうなんて洒落にもならないことは承知しています。ひとつだけ言わせていただくとすれば 諦めるということを乞う解釈をする話を聞いたことがあります。
「諦めるというのは逃げたすことではなくあるところで一線を引きまた違う道を模索するあたらなスタートとする」と言うのです。
誰にも合致するとは言えないのでしょうがこんな考え方もあるとそんな風に受け取りました。
何もできませんが 「被害に合われた皆様に改めましてお見舞いを申し上げます。」
byたかし
posted by 社長 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176702588

この記事へのトラックバック