2016年03月19日

相棒

おはようございます。もんなたかしです。

 水谷豊氏は過去に数々の役柄を経 ショウケンの子分役など
どちらかと言えば脇役の座から内田康夫の浅見光彦シリーズなどで主役級に登場するようになってきた記憶があります。
その彼の代表作となりました「相棒」ですが、2000年問題などがありました年から2001人にかけテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送されたのがスタートし2002年から連続ドラマとしてシリーズ化されたそうなです。 正直そのころは私もドラマお宅ではないのと「寝ずに仕事をしていた」とは少し大袈裟ですが大型物件の仕事が多く現場か、事務所が隣にあっても家に寝に家に帰ると言う時代が長く続きましたのでテレビを見る時間はあまり・・・でした。「あ〜今日もやっと仕事が終わった〜」みたいにテレビが仕事とのONとOFF切替えに使っていたような記憶があります。
 で、現在はといいますとドラマや映画を日に数時間単位で観る日が続いています。と言うよりこのところのドラマや映画、歌うま等々の鑑賞がマイブームと言ったところなのでブームが去ればまた違う燃える系の何かを探すのに決まっています。
とりわけ この先は桜や桃の探勝をしようかと次いで季節を追いかけ山菜 次にハイキング 渓流釣りへと少しずつ燃焼系へと移行していくのが例年のパターンです。
 話がマイブームへと少し脱線をしてしまいましたが
いよいよ16日のすいようびで今シリーズの最終回だそうです。
「そうです。」とは変な言い回しだとお思いでしょうが実は2月からビデオに撮り溜めたままで一挙に鑑賞を楽しみたいと考えまだ見ていないのです。と言う事でこれからのお楽しみ状態です。

”アッ少しだけ!・・・「次回放映は秋口なのでしょうかね〜」
と右京さん風に〆たいと思います。
と、弊社スタッフは私にとって皆が「相棒」です。
byたかし
posted by 社長 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174522399

この記事へのトラックバック