2016年02月11日

うめいちりん

もんばんは もんなたかしです。

 もう普通に梅がどこでも開花を見ることが出来る時期となりました。
「梅一輪ほどの暖かさ」分る気が致します。本来今日は旗日で休日のはずですが私はと言えば修繕に日が暮れる時刻に少しだけの山を散策する時間を作り何とかお休みの気分だけは味合うことができ人間性回復に一役買うことが出来たようです。一役と言っても自分の為ですからこれは無役ですけど!
 この世に生を貰い・・・と本当は有難い話なのでしょうが孤独死がふえ 世捨て人のように生きる人(家族に迷惑を掛けまいと蒸発)も増えるなどテレビ新聞で見るだけでも目に余る程見聞きいたします。生きることの難しさを多くの場面で考えさせられる時世となったことだけは間違えないようです。負担は増える一方 ここに風穴を開けてくれるような救世主が現れればと思ったりしますがその前に皆の命のともしびが消えてしまいそうですよね!「じゃいつまで?」 これまた答えの出せない問いかけかも知れませんね!
花鳥風月を心で楽しむ
これだけは誰に与えらっれた感性ですので心置きなく季節を楽しみください。
byたかし
posted by 社長 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174014234

この記事へのトラックバック