2015年12月21日

紺屋の白袴

おはようございます。もんなたかしです。

 弊社は水道屋さんでございます。
自宅で漏水をしているようです。しかし自分の見の周りの事は後回し
俗に言います「紺屋の白袴」です。
”え”若い人は紺屋(こうや)って何???と疑問を抱きますよね! そう紺屋と言うのは染物屋さんの事なんですよ 足利市は繊維が盛んでかなり昔の話ですが染めた反物を渡良瀬川の流れで糊を洗い流していたのを見たものでした。今でも他の地方で風物詩として同じように川で洗ているのをテレビの中で見たことがありましたが時代も変わりましたからね〜・・・
オット そうそう「紺屋の白袴」とは忙しくて自分の着物を染める時間も惜しくて他の仕事に勤しまざるを得ないことを申します。これが名実ともであれば良いのですが只忙しいだけなところが痛い所です。
そう言う訳で只今息子が修繕中です。
byたかし
posted by 社長 at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
以前、エアコンを取り付けに来た業者の人が、
「なんで大工さんってこうなんだろ?」
うちの屋根のことで、良くできていないと、
言われていました。雑談の中でね。

ERIE「すみません。それ自分が、中学の時に、葺いた屋根なので。」
電気屋さん「・・・(^-^;」

うちの親父は、大工さんでした。
やはり、自分の家は、超手抜きで、
釘が打ってなかったりします。
「気になるなら、自分で打って置け!」
とよく言われました(^-^;ねぇ。

...see you again.(^^)ノ゙☆いつも元気なERIEちゃん☆
Posted by Erie at 2015年12月21日 11:09
ん〜ンやっぱり!
Posted by もん at 2015年12月21日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170151508

この記事へのトラックバック