2015年10月15日

弐の矢 

おはようございます。もんなたかしです。

 「下手な鉄砲も数撃ちゃあたる。」とは ちょっとちがうかな〜
「弐の矢、参の矢」ということばがあります。
その昔、何時代の話でしょうか〜  弓矢を使っていた話なのは間違いないようですが
硬い鎧を矢で衝き抜こうと思ったら 到底無理と諦めず同じ場所を狙い矢を打ちダメージを与えできた小さなヒビを見逃すことなく仕留めるべく本陣となる矢を打ち込むと言うもの これは敵を仕留めるべく兵法の戦術なのでしょうが・・・
 かたや 我々設備業を主体とする便利屋(お助け隊)ですのです。何か類似点を探すとすれば
小な依頼を数多く築くことでその先にある需要に結びつけるよう努力だと思います。
何かを得るにはそれ以上の努力や行動が求められているような気が致します。
byたかし
posted by 社長 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165747694

この記事へのトラックバック