2019年09月09日

牧海づり施設崩壊

おはようございます。もんなたかしです。

 本州直撃 北関東への被害は少ながったようです。
が 喜んでいられるような状況ではなかったことが翌朝 朝つまり今朝のニュースで
明らかになりました。予想以上の被害が台風上陸地域の京浜に集中していたようです。
特に日ごろ私がお世話になっている牧海づり施設は、管理棟が波の直撃を受けて
外壁に穴が開き、階段が傾くなど激しく損壊 そして一番利用をさせて頂いている沖に向かう桟橋
(長さ約100メートルが落下しており、漂流したタンカーが衝突したとみているようです。
 少しばかり前関空が大型タンカー衝突と大波の影響で橋げたが大きくづれたことが
また記憶に新しいのですが横浜でもか!と言った感もあります。
一日のタンカーや大型客船 その他の船は関空を上回る東洋でも屈指の港町だあり
その一隻が被害を出し油等の流出が無かっただけでも良かったと思うべきでしょう。
多い日には数千人の利用があるこの海釣り施設は長い期間の改修の見通しがつかないようです。
byたかし 
横浜に隣接の本牧 大黒 磯子と3つの同時閉鎖 釣り施設の早期の復旧を望むものです。
posted by 社長 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記