2019年02月07日

おはようございます。もんなたかしです。

 「縁」みどり・えん 
今回は「ヘリ」と呼びます。幾つかお付き合いのある畳屋さんがいますが
今は気の知れた近くの畳屋さんがお手伝いをしてくれています。
親子で作業をしていて主に息子さんが引取り・納品を担当しています。
黙っていれば適当な畳の縁を縫い付けて来るのでしょうが中には家紋を入れて
欲しいという要望もあります。通常はお値段と材質が一番気になる所ではありますが
家により家紋を重視するお宅もあるのです。
 その延長戦に「縁」を踏まないようにと言う話もご存じ?
何気なく考えもしませんでしたがその縁=家紋を踏むのは大変失礼に当たるのです。
とは言いながらも現在の私の家も畳の部屋は1部屋のみ
そんな時代そんな時代なんですね〜
byたかし
posted by 社長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記