2018年02月20日

20日と言えば

おはようございます。もんなたかしです。

 毎月20日と言えば次男の月命日
晴れ渡ったすがすがしい朝のうちにお線香を持ち墓参りでもと
この時期さすがに墓参の人影もまばらと言うより人影を見ない事の方が大きい時期でもあります。その中でも一人動きまわる人がいます。その人はこのお墓の清掃をする「s」さん 人を見ると「こんにちは 寒いですね ご苦労様です〜」、「暑いですね〜・・・」と声を掛けてくれます。お掃除も毎日ではないようですがこの先春の彼岸が近づいているので必ずお会いするでしょう。
以前にもご紹介をしたことのある話題ですが その「s」さん春はまだ草木が少ないから良いもののお盆の時期と秋の彼岸は大変で見るからにわかります。まず初夏からの草が伸び放題 お寺さんの行事の跡の供え物・備えたお花が枯れるとその処分と それも墓場全体を 本堂回しの境内からトイレと 複数人従事する人がいたとしても大変さが伺い知れます。
 しかしその「s」さん 有難い話だと! この草やゴミが私の生計や家族を支えてくれているんだと 誰にもこんな話をする訳でもないのでしょうが他の人より多く私は「s」さんに会う回数が多く気を許しての事で話してくれたんだと思います。いつ行っても綺麗にお掃除がされていてもそれを当たり前 と言うかそれすら無頓着で気の留めないというのが現状でしょう。
ボランティアではないのでしょうがその気持ち頭が下がります。
byたかし
posted by 社長 at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記