2017年09月06日

コーロギ鳴く

おはようございます。もんなたかしです。

 本来なら「鈴虫鳴く」と言えば風流なのでしょうが我が家の周りで聞こえるのはコーロギ君のみ
実際のところ聞こえていないのかもしれません と言うのも私の右耳は高音をほとんど聞き取りることができません
もちろんコーロギも例外ではありません 残念なことに自然大好き人間んも加齢には勝てないと観念を致しました。
それどころが体力がどんどん低下 実際線に先日のハイキングでは2600Mで足止め翌朝下山をしたという始末でした。
 虫の音と言えば「秋」山の木々の色を見ていますと芽吹きのころは山が赤みを帯び 次に萌え木色に染まり
次いで若葉マークのような黄緑 そして青々とした緑の代わり夏が過ぎたころから微妙に黄色がかってきます。
丁度今がその時期と言えるようです。このころから急に日が短く感じられます。
さみしい感じもしますね~ 
なぜ?
そう 人間の一生に少し似ているような気がしませんか?
長くて短いのが人の一生 今を生きるしかないようです。
BYたかし

posted by 社長 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記