2017年05月12日

コンクラーベ

おはようございます。もんなたかしです。

 毎朝黒猫「クロ君」と格闘しています。
朝の3時にきまって私の枕元へ 顔をめがけて乗るわよこぎるわ私が何か行動を起こすまで諦めません。
手で除けようと何をしてもダメです。とうとう起き上がりご飯を上げますとその間だけは静かですがその数分後また今度はぞとへ出してくれとばかりに同じ行動へ おかしなことに先に外出しようとはしません一度は2歩3歩外へ出てもくるりと部屋の中へそして食事をねだります。遊んでほしい時も同じです。猫じゃらしの場所を知っていてその仕舞ってあるドアの棚の上に言うはまたも戻ってだらか家族の足元へを切り返します。もちろん何ながら訴えるような上目使いで! 毎日が彼と家族のコンクラベの日々が続きます。 コンクラベ・・・同じお様な言葉がバチカンでの「コンクラーベ」ローマ法王が死去をすると次の方法の選挙があるのをご存知ですよね 80歳以下の枢機卿の中から選ばれるコンクラーベです。煙突から登る煙の色を合図に不調の終わったか新法王が選ばれたかを決めるというもの その投票用紙が焼かれる際不調の時は黒い煙 これが白い煙が登るまで規定の定めにより何度でも繰り返されるというもの 本当に日本流の「根競〜べ」である。
 そもそも笑われ生きていくことが尺度違えどコンクラーベなのかもしれませんね!
byたかし
posted by 社長 at 08:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記