2016年09月20日

台風の行方

おはやおうございます。もんなたかしです。

 今回の台風は各地で大量の雨を降らせ今も東に進行中です。我々の住む関東地方への影響は今晩から明日の明け方がピークと言う予報です。仮にこの台風が無事通り過ぎたとします。しかしその後も そして来年もその翌年もとストレスは続きます。
台風の行方と一口で申しましたが今の台風がどこに向かうのかは目の前の心配事ですが ここ数年何か気候風土が一変してしまったのではと思えるることが続き100年に一度のはずの嵐が度重なり吹き荒れるさまはもう異常ではなくこれが普通の出来事のように思えてなりません。ニュースなどで被害に合われた方の映像やコメントが流れますが当事者ではない私たちが同じ思いでいられるはずがなくしかも数秒後にはほかの映像が流れその思いすら脳裏に残るものではありません。しかし画面の向こうには田畑や住まいが流され今までの生活を継続出来ないだけではなく家族を奪われて途方に暮れる方もいるでしょう。
どうしてこのような?
 もしかして森林破壊は関係ないのでしょうか 2酸化炭素の大量排出と温暖化は関係ないのでしょうか?
我々はどう数えてもあと数年 しかし未来の子供たちには明るい希望の未来が来ることを望みたいものです。
byたかし
posted by 社長 at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記