2016年08月18日

blackボックス

おはようございます。もんなたかしです。

 正直なところ私たちはすべての機械に精通している訳ではありません。
そこでどうしてもメーカーサービスを依頼するしかないのが現状です。中でもメーカー部品には手の出せないものが多々有ります。
 部品表に値段の入っていないものが多数あり一般業者に取り寄せのできない部品が多数あります。つまりメーカーにサービス依頼を掛けないと修理ができないと言うものです。そこで問題が一つ発生します。このサービスは事後処理のため後からメーカーの請求に対し「こんなに掛かるの?」というお叱りが待ち受けていることです。過去にもわずかな時間で修理を済ませこんなにに払えないみたいな事例が後を絶ちません。残念なことにどこのメーカーにも共通した問題でもあります。彼らは大半がメーカーの子会社や系列のそのまた孫会社と言う物が多く上の機関への経費の計上があるのでしょう そこに採算のための経費を計上 
その為価格を抑えるために 私たちも確認や依頼の種の足代程度の経費を計上させてもらうのです。
しばらくの間この問題は解決をしそうになくご理解を得る以外に方法がないことをお詫びします。」
とにかく早い対応で一刻も早く問題解消に尽力をすることで理解を賜りたいと思います。
byたかし
posted by 社長 at 08:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記