2016年08月06日

足利の花火

おはようございます。もんなたかしです

 今日、8月6日は足利市の花火打ち上げのの日です。と同時に今日が各地で一番イベントが多いののだそうです。 イベント開催日は毎年変わります。その日時を決める根拠として8月初め つまり第一土曜日と決まっています。
だれが決めたかは定かではありませんが 足利商工会議所が主催なので今となっては歴代の判例に従いと言ったところではないでしょうか! それと同時に動かしがたい日程はこの事業に関連機関者(警察・消防・商工会・花火職人)にとって年次スケジュールにできるため安定をした計画性が可能となる大いなる利点となりこの花火を楽しみにしている市民や近隣のファンにもこの日を中心に子供たちの夏休みスケジュールが立てやすいのでしょうね!
 私たちが子供のころから楽しみにしていた「あしかがの花火」そんな呼ばれ方で今でこそそれをしのぐ大会が各地で繰り広げられていますが 長岡の花火棟にはとても及びませんがそれはもう大変な繁盛と人出は関東でも代表格というべくそれはすごい花火であったと記憶をしています。
繊維の街 一時は世界をトリコットの町として席巻 そんな夢のような一時期があったことを
今の時代を忘れてしまった人 現在の若い人や日本中の大半の人々は今となっては知る由もありません。
自慢は脇に置いたとしても寂しいかぎりです。
そんな好景気に支えられた花火が私達子供時代の記憶として今も健在なのでしょうね!
byたかしburoguhanabi.jpg
posted by 社長 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記