2016年08月05日

岡目八目

おはようございます。もんなたかしです。

 囲碁の世界から出た言葉で「岡目八目」と言う言葉があります。
その意味は対戦に夢中になり自分を見失いがちですが その碁を打つ本人よりも
周りの人のほうが8手先まで読める ということらしいのです。 これは将棋世界でも同じことが言えそうです。
これは仕事の世界でも同じことが言えそうです。一生懸命が故に先を見誤ったとか勘違いや故意に発生したトラブル 部外から見ればよくわかるのでしょうね しかし社会はそれを一々修正してくるほど甘いものではありません。
自分の蒔いた種 つまりマンネリや手抜き 起こるべくして起こる事故 そんなはじめはチョットした不注意が雪だるまのようにだんだん膨らみ気が付いた時には取り返しのつかない状態に・・・
 そんな事態を回避するために一生懸命すぎる自分、ちょっとマンネリの自分 その「ちょっと・ちょっと」を
遠目で眺める自分がいても良いのでは? と言うより必要かも???
少し冷めたような言い回しですが冷静沈着・反省も大事
そんな「おかめはちもく」この言葉大切に心に止めおきたい そんな言葉でした。
byたかし
posted by 社長 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記