2016年08月01日

富士の高嶺に♪

おはようございます。 もんなたかしです。

 実は金曜日の夜11時を回り静岡県側から富士山を目指しました。
本来は北アルプスを目指していましたが天候がすぐれないとの予報に急遽変更をしたものです。
その予定と言いうのは3,000Ⅿ級の逃げ場のないやっと人1人しか歩けないような尾根を数時間歩くため予報通り雷雨と強い風が吹きますとひとたまりもないという危険と背中合わせの遊びはもう出来ない年回りでもありますので思い切って行き先を変更したのでした。
 途中談合坂サービスエリアで仮眠をとりマイカー規制での富士宮口水ヶ塚5:30始発のバスへ飛び乗りました。とは申しましても登山口までの送迎バスは行列最後尾で4号車、走り出しだはたのは45分頃 五合目到着は40分後 青空の富士山五合目でした。
 まだ、2週間前の膝の痛みが残り心配を胸に2年越しの富士山の旅のスタートです。

DSC_1249.JPG
○ 写真は7合目を超え7.5合目との中間地点 写真をアップしてみてください。
「人 人 人」 でもこれだけで嫌いにならないでください。私はこのラッシュには巻き込まれませんでした。

DSC_1280.JPG
○ 写真は最高峰剣が峰 その昔富士山レーダーが設置をされていたところです。

 ? クイズです。
2年前と何かが大きく違いました。さてそれはんでしょう?
答えは=多国籍空間にワープしてしまったかのように外人さんがとにかく多かったことです。
英語圏の白人 フランス語の白人つまりフランス人? 中国の団体 韓国 東南アジア系 インド人 中東圏 黒人・・・
と・・一体ここは何処? とどこかの惑星に飛んできた気分でした。
 本来山のご紹介をしたかったのですが とにもかくにもこの異空間の印象か強くそれなりに日本を代表する山を歩くことに一応の満足度とやはり歩くことへの悲壮感を併せ持ち歩いている姿を目の当たりにいたしました。
しかしこの悲壮感は、到着するや否やそう倍の感激にと笑顔に変わる姿も確認させていただきました。
彼らにとって登山と言うより観光地? つまりサイトシーンの延長と考えているのではないでしょうか!
これまたしょうがないことと致しましょうか? 「ようこそ日本へ ようこそ富士山へ!」
 それにしても日本を代表する山々を歩き一時はゴミ問題があり世界遺産登録に一時stop が掛かりましたが前回も含め私の見たところゴミなどありませんでした。当然かもしれませんが 彼らが母国に帰り辛い山登りとの思い出と同時にあまり晴れることの少ない富士を体験し いつの日かこの綺麗で素晴らしい環境であったことを思いだし母国の人々に紹介してくれればいいな〜と強く思いました。
byたかし
posted by 社長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

飛騨の旅

おはようございます。もんなたかしです。

 本当であれば今から25年以上前に実現をしていたはずの親子旅を今回長い年月越しでの親子旅のチャレンジです。
と 申しますのは 今は亡き次男と北アルプス奥穂高から西穂高岳への縦走コースをその昔私と二人で歩きました。
今回同行する長男はその当時の出発当日の出来事で 部活でにて同級生がぶつかってきてけがをしてしまいました。他の山には何度か同行をしましたがこのコースへ何時か入ってみいと・・・そうして今回やっと夢がかない親子旅が実現です。
明日、明後日に少し写真を投稿します。
byたかし
posted by 社長 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記