2015年12月22日

昼の長さ

おはようございます。もんなたかしです。

 陽が伸びたようです。少しだけですが
カレンダーをお配りしていますと微妙な暗さと言いますか逆に明るさと申しますか
早い話が薄暗い中を他人の土地を侵入しポストへの投函をさせて頂くに当たり一応ですが遠慮しつつの作業であることをご理解ください。しかし外で薄暗い時間砂利を踏む音がすれば誰しも気になるのが当然ですので時計と明るさを気にしながらぎりぎりの攻防の2月間でした。10月末の頃は5:30時近くでもまだ作業が行えましたがここにきてPM4時45分がの時点であと5軒いや10軒てな具合で「ここが限界」とトラブルだけを避けるよう注意をしています。・・・がこの数日微妙の時間ですが心なしか日か伸び始めたようです。
 冬至と申しましても日本中共通でありません。亡き父は口癖で「この辺では12/10が一番日が短いんだ!」と毎年聞かされ「また今年も言ってる」にたいな 今では自分が毎年言ってるような気がいたます。
 いよいよ勝手に配布のカレンダーも残す所足利市の今福地区のみとなり終わってみますと今度はこの作業も思い出の世界へとと化していくようです。改良を重ね10年その中で今のタイプへ移行し枚数も増えてからの5年で少しだけですが定着し安定化も見えて来たように思えます。多くの人に励まされながらの厳し2月間でしたが カレンダーの事でお声かけ初めての人も毎年貰って頂けた人も毎日何件ものお礼の電話が有ります。こちらこそ 本当に本当にありありがとうございます。
 今日の冬至、2月22日 楽しみにしていた待ち遠しい日でもありその基準も真の仕事人間のようです。
わたしの中では今日が春のスタートなです。これからの休日は小さな春探しに勤しむ予定です。
byたかし
posted by 社長 at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記