2015年12月11日

3っの顔

おはようございます。もんなたかしです。

もな.jpg 今朝のNHKの朝のニュース、世界の出来事の中で皆様もご存じの「モナリザのほほえみ」は最近科学の力で分析をした結果実際にはあのほほえみの下に3つの顔が隠れていると解説をしてりました。その画面は人物は確かにモナリザですが3様の顔が描かれ その一枚は口角の上がっていないつまり笑っていない絵でした。テロップには「ほほえみの無いモナリザ」と流れていました。
 先日は他の絵画でマリア様の左後ろに乳母車の絵が潜んでいると報道がありました。最近のパソコン技術があればレイアーでお手の物なのでしょうが昔の人はなぜ他のキャンバスに書き直さなかったのでしょう?キャンバスが高価だったのか?疑問が残ります。
 3っの顔 私達も同じようなことがあるのではないでしょうか
テレビドラマなどの世界では笑いながら視線そそらし「ふん冗談じゃないわよ!」みたいな分り易いドラマ仕立てでは無く思いとは反対の事を言葉や顔に出せない場面が生きて行くうえで必ず遭遇することでしょう。中には自分を通し続けることのできる方もいるかと存じます。私はその前者として ひとこと
殆んどのスチエーションはあらかじめ用意された場面ではなく突然予期せぬ時に訪れるものだと思います。そんな時こうしゃべると誰かを傷つける・他の人が気分を害す人が出る。などなど他の人を気遣う気持ちを大切にすることで多くの言葉や態度でのトラブルを回避できるように思います。
正直も大切なんですけどね!
byたかし
posted by 社長 at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記