2015年09月10日

異常気象

こんにちは もんなたかしです。

 この雨の中屋外でエアコン工事をしています。
本来、屋外の雨の日のエアコン工事日は向かないと先輩や各講習会で指導を受けてきました。
しかし事態はそんな悠長なことは言っておられないことに 実は、既設の大型エアコンが故障をしてしまい即代わりの機械の運転をできる状態にしてくれとの依頼にわが社としても大慌てのなか午前中でだいたいの形にして昼に事務所に戻ったところです。。
 テレビラジオで栃木。茨城に異常事態宣言を政府が発表し数十年に一度の大雨との発表 一晩にこの時期の一月分の2倍の降雨量がありあちらこちらで被害が続出し それも現在進行形のようです。
小貝川や茨城の下流域は上流・中流域での雨を一手に受け堤防を乗り越えるという異常事態で起こりうることは想定内のはず 過去にも起こった事例ですので それにしても大変な事態で水没した家屋、流された住宅、それに高速、電車も止まってしまい大変です。 同じ県内栃木市 小山市はかなり近い足利市は不幸中の幸いと言うべきなのでしょうか雨こそ降りますが少しの養生で作業も可能なほどで本当にに助かりました。
 何度も何度も申し上げます通り異常が異常ではなく普通に起き 例年繰り返す。これを「異常」といつまで言い張るつもりなのでしょうか? 国防奈の予算から見れば治山の仕事や河川の整備など微々たるものではないのでしょうか また今年が何とか乗り越えてもまたこの先も これも自然を軽視してきた証のでしょうね! いやツケと言うべきでしょうか?まだ見ぬことが起こらなければよいのですが!
byたかし
posted by 社長 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記