2015年09月01日

しとしとピッチャン

おはようございます。 もんなたかしです。

 良く雨が降りますね〜
外仕事の人は大変です。晴れてもダメ 雨でもだめ
毎回言わせてもらうのですが 私の記憶の中で近年が自然災害が地球規模で多発しているように思えてなりません。自然の恩恵を受け人類は生きていられるのだと分ってはいるものの各地での被害を聞きますと胸の熱くなるのを感じざるを得ない状況なのは私だけではないと思います。
 私も山歩きを誘われれいますがこの数週間の週末がことごとく天気に恵まれず順延となっていますがそう簡単に仕事に融通を付ける訳にもいかず頭を悩ます日が続いています。しかしそんな天気のことはお構いなしのグループもいます。戻る勇気、やめる勇気などと山の話の中に出てきますが、昨年も登山の途中に沢に流されるなど複数間発生しました。
 そもそも休みを取れる環境にない人にはその危険性すら発生しない その被害に合われた方々の大部分は団体職員 公務員 大型企業と言ったところに所属をする人たちが多いんですね〜 つまり庶民には「高根の花」と言った感あり! 
 それにしてもこのような天気ではイネや果物に取り日照時間が大いに影響をしてしまいます。数週間前まではどこも豊作で 甘い実を付けるみたいな話でしたがこのままでは農作物にも病気や病虫害の発生まで心配されそうで気がかりです。買い物係の私には野菜や天気に左右されでの値上げがまたまた気になる昨今です。
byたかし

追伸タカネビランジ.jpg
高根の花で思い出しました。
高山でしか見ることのできない
植物も絶滅危惧種に入ったり
実際中々お目に掛かれない
花々が多くあります。
それを発見した時の喜び
ハイカーにしか味合う事の
出来ない喜びでもあります。
紹介するのは「タカネビランジ」南アルプスに多く生息をする可愛いナデシコ科の植物です。色は赤と白
posted by 社長 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記