2015年09月30日

家族になろうよ!

おはようございます。もんなたかしです。

 「あんちゃん」なんて彼(福山)が江口洋介を役の中で読んでいた頃から3人ともファンでした。
勿論奥さんになった森高千里さんも好きでしたから江口氏の時にはいい人と一緒に成れてよかったな〜なんで一ファンとして応援をしていました。みな活躍をする中私の妹を含む滅裂ファンから騒がれまくってていたのは福山雅治氏でした。確かに詩の内容や歌には共感部が多く時々口ずさむ自分がいたことを思い出します。と同時に地味ですが多くで活躍をする江口夫妻にも私は変わらぬファンでいます。そんな中このところランキング1位に返り咲いたのが「家族になろうよ」です。
かいこま.jpg 

先日3,000m級の甲斐駒ケ岳を登山した時の事です。山小屋主人からも「明日は天候が大きく崩れるので登山を諦めるか、早だちをし少しでも早く下山するようにと前夜夕食の時間多くの宿泊者の前で声を大にして告知をしておられました。 山は荒れ狂ったように大風が吹き私の大きな体も何度も吹き飛ばされそうになるほどだったことを思い出します。その中に70歳には未だと言う老夫婦が声を掛け合いながら同じ山頂をめざし共に上って行きましたがやはり体力のない奥様が難儀をしている様子 ご主人がその奥さまを風邪から守るようにカバーをしている姿にいたく感動を致しました。一応山頂は極めたものその山頂は大風と寒さで数分しか滞在することが出来ず1/3程下り風も収まる地点まで下山をしたころでまたあの夫婦と会い言葉が交わせるくらいの場所で休憩をすることにしました。
 初めは、「大変でしたね!」くらいの話だったのですが
少しだけ長い時間お話をさせて頂き気を許した奥様は・・・
「この人は私に・・・」と少しばかりご主人の山での出来事への不満を話し始めました。
一応話だけは聞きましたが 途中話を遮るるように私はこう言いました。
「奥様 ここに2人が居られ ここに共に元気で山を登ることが出来ている今がある。もしどちらかが病気やけがをすれば介護や世話で到底ここにいることは無いでしょう ましてや不幸にして・・・」こんな話をして別れました。その後共にご夫婦は笑みを浮かべ山を下って行かれました。
人に説教ではありませんが自問自答でもあるのです。
山・・・されど山 自然は色々なことを教えてくれます。ありがたきかな!
byたかし
posted by 社長 at 07:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月29日

癒しの風景

おはようございます。もんなたかしです。

 先日に新潟県六日町の関興寺と言うお寺をお参りした際に石田光成の筋のお寺の為一度戦が起きればすぐに戦火が及び現在のお寺は200年前に立て直したそうです。その際経典が焼けてはと味噌ガメの中に入れ焼けるのを留めたことで有名だそうです。勿論そのゆかりの味噌はお土産として売られていました。その他に石の上にカエルのミニチアが3匹乗って500円だかでいっぱい並んでいましたが 少なくても手に取る人はいなかったようでした。話は変わりそのカエルで思い出したことが 丁度カメラがカバンに入っていましたので気になるショットをぱちりと一枚P1080833.jpg
 
 佐野市のあるお宅で野菜を持ってい帰れ! と畑に案内されナスの木を眺めていましたら
あれ 青ガエルだ! かわいそうなので写真に留めただけですが何か癒しを感じてしまいました。
そのあと買い物をする予定でしたが真直ぐ家にカエルことにしました。
byたかし
posted by 社長 at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月28日

年輪

おはようございます。もんなたかしです。

 2週間前の仙丈岳・藪沢を下った時に気になった写真を投稿いたします。P1080709.jpg(クリック)

樹齢100年と言ったところです。
わたしなんて「悪戦苦闘の中がんばったな〜」なんて自画自賛まではいきませんが
よく見れば私よりもっともっとながい長〜い歴史を年輪に刻み 黙って立ち尽くしていたんだな〜
 戦争も経験し 幾多の台風や地震 大雪・風雨にも耐えてきましたが 昨今の異常と言うべき大雨や異常な気象の中今回いよいよ根尽きて台風か大風で登山道を塞いだが為にチェーンソーで切断されたようです。
この頑張った証し(年輪)を見せてくれなければ只の倒木で邪魔者扱いをされ他事でしょう。少なくともこの私に勇気を与えてくれ「ありがとう」と言いたい
また、この巨木が倒れと事で今まで光を浴びる事のなかった周りの小さな木々、彼の子孫にに場所を譲ずり その子たちを育てる為の養分として役に立って行くのだ言う事なのでしょうね!
良く見れはそれ以上の大木がほかにも凛としてそそり立っています。
自然はやはりすごい そして素晴らしい〜
BYたかし
posted by 社長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月27日

病気見舞い

こんばんは もんなたかしです。

 きょうと言いますか 夕方になり隣町を訪ねました。
兄貴と言うべく3歳年上の久さんの所へです。本来私たち夫婦は温泉ミステテリーツアーニツアーに誘われ1泊2日のバス旅行に行くはずでした。その昔からそのご夫婦には私の家内も可愛がられ家族ともどものお付き合いをさせて頂いておりハイキングや温泉旅行、行楽とご一緒する機会がどのご夫婦より多いご家族で今回も楽しみにしていたのですが出発前日 その久さん高熱と高い血圧の数値で旅行を見送りたいとの電話
 せっかく申し込んで頂いたので私たち夫婦だけの参加となってしましたが昨今の旅行会社事情で ミステテリーツアーニツアーにしては少しだけ物足りない(日帰りで十分な場所と内容)遅い出発 早いお帰りと言うバスの旅は足利東武駅に午後4時に到着 その足で久さんの下へ報告とお見舞いに向かう事にしたのです。
 病状はすっかり収まったようで念の為安静にして一日を送っていたそうな
国内は勿論の事世界中を旅をし温泉旅行も行き尽くしたご夫婦には物足りない旅だったかもしれません。
それにしても無事で安堵を致しました。
byたかし
posted by 社長 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月26日

親子旅

おはようございます。もんなたかしです。

 もう20年以上息子と2人で旅をすることなど有りませんでした。
一昨年富士山を私が登る日の前日「一緒に登るかな〜」なんて突然言いだし行き当たりばったりの2人登山をしました。それから2年がたち先日「山に行かないか?」と誘われ2人でトライをしたのが仙丈岳と甲斐駒ケ岳ののW登山でした。
P1080662.jpg
 前日に仙丈岳3053M 翌日嵐のような甲斐駒ケ岳に挑戦しました。両山ともに複数回トライをしていましたが共に山梨方面広河原からの日帰りで幾年かに分けてのトライでした。数年前より芦安村へとマイカー規制が強化されバスの乗車時間が大幅に増えたことにより日帰りもキツサを増す一方でした。
 潜入観念の無い息子の計画で登山口を長野県側伊那市戸台口よりバスの送迎を受け北沢峠より入山 乗り換えなしで30分以上短縮(芦安村でバス待ちの行列に並び・北沢峠でまた乗換バス待ちを入れますと優に1時間以上は確実)
仕事も通常一緒にスタッフの一員として頑張る息子ですが なかなか本来親子ですので和気藹々、公私混同なはずですが必要意外なことは互い多くしゃべらないのが我が家での現状です。もう私も本来であれば引退の時期に来ていますのでこんな形で彼のリードで山を登る これが理想な形 実生活でも彼のリードを期待すべくもう少しの間共に歩いて行ければな〜そう考えています。
posted by 社長 at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月25日

ウエルカム

おはようございます。もんなたかしです。

 「はは〜ん」このお宅にはネコちゃんが・・・P1030341.jpg
 「おはようございます。〜」とピンポンを鳴らし○○さんのお宅にお邪魔をさせて頂きました。ドアの隙間からそれも超低い位置 何やらこちらを偵察をするような視線を感じます。この先はご想像通り猫の話で盛り上がり仕事そっちのけとまでは少しオーバーですがお客様の弁にも熱が・・・いや愛情が感じられます。
 プライバシーもありますが・・・いや 人見知りのネコさんらしくカメラの前には出て頂けないのが残念でした。猫はその日の気分や性格で人に近寄らない子もいます。その点犬は性格と言いますか敵意がないとみればそれなりに人とのコミュニュケーションを積極的にとってくれるように思えます。ですから危ないと思うお宅への訪問にはポケットにお菓子を忍ばせて逆に味方に付ける作戦に変更です。
 とはいえ彼らから貰う癒しは格別なもので人の気持ちを優しく変えてくれる
その気持ちがあればたいがいはお菓子もいらないんですけど・・・中には風変わりな子も 人も同じでしょね!
byたかし

posted by 社長 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月24日

領海侵犯

おはようございます。もんなたかしです。

 どうやらは入ってはいけない領域に潜入してしまったようです。
栃木県は南東部の平野部と北部の大半が山岳部にぞくします。昨日マイタケを採る〜とばかりに佐野市から足尾山系に抜ける林道の奥まで車で入りそこから山へ入り歩く事1時間 山の様子も植林したヒノキや杉林を抜け楢などの多い雑木森へ入りしばらく尾根道を歩きますと「な なに〜!!!」と本当は驚き飛び上がる所なのでしょうが・・・P1080796.jpg
 まだ新しいクマの糞があちらこちらに散乱 優にに10カ所ほど異様と言えば異様な様に戻るもヨシなのでしょうが 私たちの場合右ヨシ 左ヨシ 前ヨシで勿論のこと前進を致しました。

P1080802.jpg
どんぐりを取る為に木に登り折ったと思われる木々があちこちに散乱

P1080806.jpg
今年ではないが3m以上高い所に付いた爪痕

 P1080812.jpg
 まだ新しいと思われる足跡

 今回お供をさせて頂いた「S」氏は数年前に同じくこの山でクマに遭遇 何やら物音がと上を見ますと歩いてきた後ろの木の上からクマが下りたと言うか落ちて来た! と言う形で人もたまげてクマも同じく怖かったはず 落ちたはずみで急な斜面を転げ落ち逃げて行ってくれたそうな そんなこともあり大声を張りあげながらのクマとの出会い頭の衝突を避けながらの山歩きとなったのです。
 期待のマイタケは見事に惨敗 しかし友とのハイキングに稜線でのお弁当と爽やかな噴き上げてくる秋の風を受け快い山旅となりました。
 まだ新しいと思われる複数の寝床や食い散らかしたと思われる食事の後などなど
殺気むんむんの山道を細心の注意を図りながら車まで戻りドッキリハイキングの終了となりました。
byたかし
posted by 社長 at 08:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月23日

連休最後の日

おはようございます。もんなたかしです。

 連休最後の日となってしまいました。
大きな野望がありましたが自然の脅威には勝てずまた一様にご迷惑をお掛けする訳にも行かず単調な連休最後の日を迎えました。昨夜友人からの誘いでミニハイキングを誘われ今朝早くに墓参りを済ませ掃除とお花の世話をして今戻りました。そのミニハイキングの大きな目的はキノコ採りだそうです。
 取れるも採れないも時の運 昨日誰かが採取をしてしまえば勿論NG また、早くも遅くもこれまたNG
それより生えていなければ本当のNG でもそれは結果 何よりもフィールドに立つ 何かをすると言う目的にチャレンジすることが大事 結果はそのあと良くも悪くもついてくるもの
てなわけで「誘ってくれる人とがいるうちがはな」ありがたくお誘いをお受けしました。
さて・・・・結果は?
byたかし
posted by 社長 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月22日

本日は晴天なり

おはようございます。もんなたかしです。

 予定はずれのシルバーウイーク
それでも誰に迷惑をかけるでもなく 至って健康 これだけで幸せと思わなくてはね〜
今日はごみ出しの日 これもできたし 例年お彼岸前に妻の両親のお墓詣りも済ませるのですが今年は何かと忙しくそれもできなかったのですが 突然の番狂わせが伊香保温泉近くまでその墓参りに参るべくこの後すぐに出だしたちお思います。帰りの高速の渋滞を考えますといささか気が重くもなりますが状況で一般道を走り咲き始めのコスモスでも楽しめたらな〜と少しだけ期待を持ちいざ出発 この好天気の中気分上々の最終日前日を有効に過ごしたいと存じます。
byたかし
posted by 社長 at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月21日

一夜開け

おはようございます。もんなたかしです。

 仕事はお休みですが通常の月曜 妻を病院に送りその帰りに昨夜の報告と美味しいコーヒーを妹夫婦の下で御馳走になり今家に戻りmあした。
 彼岸中にお線香を上げに伺えないとお詫びをした親戚周りをこれからしたいと思います。空いた時間を草むしりにと思いはいろいろありますが一昨日から昨日にかけ寝ずの運転もたたり時差ボケ状態で空回りの中出来る事からトライをしていきたい。そう考えています。後の休みは修理の電話対応とできれば夫婦でプチ旅に挑戦 さてどうなりますか???
byたかし
posted by 社長 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月20日

予定は未定

こんばんは もんなたかしです。

 実は、前線違う内容でブログが書き上げてありました。
その内容とは 数十年ぶりに長男と山登りを再開し先週に引き続き息子のリードでコース選定や日程・準備等を任せ私が連れて行ってもらう形でこの大型連休を南アルプス南端ともいえる光岳・聖岳を長野県の登山口 易老渡より入山予定で前日足利を出て中央道松川ICより60kmもの林道をさかのぼりあと少しの所で大きなアクシデントと遭遇してしまいました。前日までこのような事態も想定し情報を集めての今回のトライでしたがそのアクシデントが起こったのはこの数時間の間の様でした。それは目的地(登山口)まであと数q徒歩にして1〜2時間の所で大規模な道路の崩落が起きてしまい私達とその先を行くご夫婦の車がその先で帰る事も出来ず困っている人を少し下流の広い発電所近くのゲート下まで送りながらもどった所で今駆けつけたらしい大勢の警察関係者に入山を止められてしまいました。遠くは奈良ナンバーや四国から来た人達もあえなく引き返していきました。そのはるか下からキャンプを想定し大きなザックを背負った人たちもまた同じく大汗を流しながら道路を下って行きました。同じ山へは大きく迂回をし静岡県側からの入山しか方法は無くしかも山小屋予約か その山小屋の領収書がその林道へのアクセスバスの利用の条件でもありあえなく断念をするほかありませんでした。はるばる6時間を掛けあと少しの所までたどり着いたのですが今回は南アルプスの旅は中断となりました。
 それでも面白い出会いもありました。
百名山をめざし88座目をこの南にと言うご夫婦はそのやばいと思われる林道を私たちをリードする形でどんどん山奥へ車を飛ばし・・・ しかしその崩落の光景を目の当たりにし「これで諦めがつきました」と奥様の一言 その後もこれからどちらへなどと「いい旅を」とお別れをしそれぞれまた元の道を帰って行きました。
 別れたのは午前6時ころ それから9時間後位の事でしょうか? 私たちは次がどこを目指すか家に戻ろうかを話しつつ初めの候補である木曽駒ヶ岳・宝剣岳の利用IC「駒ヶ根」を一端はパスをし次の「駒ヶ根サービスエリア」で休憩しながら・・・どうする?みたいな 結局次の先週利用をした伊那ICからうUターンをし木曽駒方面を目指しました。マイカー規制のバスに乗り継ぎバスの時間とロープウエーの待ち時間で4時間後に畳平ロープウエー山頂駅に到着でした。着くには着きましたが大混雑で今度は最終運行時間を気にしながら荷物を最小限にし木曽駒ヶ岳・宝剣岳を走るようにトライをしてみました。宝剣岳ではカエルの子は蛙を実感 数年前の私のポーズを写真に収め目指す木曽駒ヶ岳へ・・・
 やっとの思いで霧のかかった山頂へ
遠いながらも山頂へ少しずつ近づきますと2人の人影が 何やら女性が手を振り我々を迎えてくれているようで私も手を振りました。知らない人が労をねぎらい歓迎か?と それも近づくにつれ・・・もしかして そうあの朝方別れたあのご夫婦との再会でした。ともに労をねぎらいながらのお別れでした。
 それにして運命を感じました。この出会いをブログに紹介をさせて下さいと了解ををして頂き今日は山小屋に泊まり私たちが紹介をした空木岳を明日は目指すようでここでお別れ 私と息子はその山小屋を右手に中岳の巻道と言われ大きな岩腹の露出した雲海の少し険しい隠れスポットを堪能しながら大きく予定を変更しながらも楽しくも出会いのあった山旅を締めくくる一日を過ごすことが出来感謝の一日となりました。
byたかし
posted by 社長 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月19日

彼岸の入り

おはようございます。もんなたかしです。

 昨日の朝まで雨模様の天気も徐々に改善し今朝などは朝から眩しいほどの光が窓から差し込んでまいります。P1030347.jpg
 昨日彼岸の入りとなり道々にはその彼岸であることを暗示するかのように曼珠沙華の赤い花が咲き誇っています。相思花とも呼ぶそうです。花と葉が同時に出ることはないという特徴から「葉見ず花見ず」とも言われる。葉は花を思い花は葉を思うという意味で「相思華」だそうです。子供の頃の記憶では「彼岸花」または「じゃんぼん花」で済まされていました。その「じゃんぼん」とはよくよく調べてみますとここ足利市周辺と遠く茨城くらいの地域でしか使わない俗語のような言葉のようです。私の記憶ではその昔(記憶内)で棺桶を飾った荷車の様もので引きシンバルのような金属と太鼓のようなものを叩きながらお寺さんまでの街道を練り歩いたような??? その時の音が正しく「ジャン・ボン ジャン・ボン」だったようなですからお葬式のことをこの辺ではまだ「おじゃん本」と言うお年寄りがいるような?居ないような???
 それでも今はその彼岸ばなも「マンジュシャゲ」として立派に市民権をこの花で畑を埋め尽くす埼玉の巾着田は大混雑で目的地に辿りけないほどの人気です。また;ホームセンターや通販で苗を販売をしています。それも白マンジュシャゲが人気でなかなか入手は困難な模様です。
 わたしもこのお彼岸には23日に墓参りをする予定です。
例年ですと9月20日がらみの日曜日に一度墓参りを済ませるのですが今年は息子の誘いで聖岳・光岳をキャンプすることにし親戚等にはお詫びの連絡を済ませたところです。20年ぶりに今度は息子からの誘い これを断る理由はどこにありません。喜んでお供を そして最後になるかも知れません。
byたかし
posted by 社長 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月18日

アクシデント

おはようございます。もんなたかしです。

 この業界「上手くいって当たり前」というよりより良いものをお届けしなくてはなりません。
しかし弊社の場合お困りごと解消の旗印への音いあわっせ内容の殆んどは
 新築や何もない所に何かを設置をしたりとか 何かを作るのとは違い
既設の場所等に増設をする・入替(経年の為規格が違いサイズや接続位置の違い有)今有る物を何かに変える等の作業の場合ですので殆んどの場合思い通りに行かないことが通常パターンです。それは例えばの話ですが床や壁を開口したり 機器等を外さなけらば分らないとか 地面の下の障害物が有とかはお見積りの段階ではそこまで手を付け確認までできないことがその理由なのです。またそれを見越してお見積りに反映させることもこれまた難しいのが現状なのです。
 ですからこの場合心のどこかに「もしかして」があるとすれば想定外つまり「アクシデント」とは言わないのかもしれませんね〜
 ”アッ”そう言えば昨日のブログがアップされていませんでした。今朝慌てて確認をし昨日打ち込んだ原稿をのUPを済ませましたがこんな予期せぬ出来事もミニアクシデントですかね!
 笑い話で収まるうちの早い対応でプラスに働きますが 出来るものであればその細やかなミスも無くす方が! 結局いつかは大きな失敗に繋がることも忘れてはなりません。
 弊社は多くのお客様に支えられ今日もスタッフの向かう先が確保され安心をして働かせて頂いています。
そんな期待に叶うべく今日も・明日も元気で一所懸命お手伝いをさせて頂きます。
byたかし
posted by 社長 at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月17日

ブルドーザー

おはようございます。もんなたかしです。

 昨日の仕事は朝倉町の「A」様のお宅に大型ダンプで16tの砕石を搬入
山のような砕石 いや本当にに山の様でしたがその砕石を弊社のユンボに付いた排土板いわゆるブルドーザーのようなものとバケットを使い3時間ほどかけ整地をしてきました。その前に当初からあった良質の畑用の土を塀際に移動し当初から現地に点在をした大きな石や割れた石のかけら等を排除してからの作業でしたので思いのほか時間が掛かってしまいました。
 結果、作業をしたい部分の1/3程しか覆い整地することしかできませんでしたのでまた本日対応用予定です。お客様には1台入れてその様子で追加をすればいかがですかと無理強いをしませんでしたのでその様子を見て安心しての追加ご依頼を頂いた模様です。
 それにしても僅か機械の利用ができない個所を人力で対応しましたが その見事にはかどらないことにガッカリでした。弊社のある4台の重機は毎回自分の出番を伺っているのでしょうが弊社はご存じのように土工事が専門では無い為稼働率が非常に低くバッテリー上がり等のトラブルが良く起こってしまいます。定期的にエンジンを掛ける等の対応をしてやらないと心の無い機械ですが可哀そうと言いますかこのように活躍を致しますと有難味を感じざるを得ません。
また、人の力は微々たるもの 多くの人の力を借り、また貸して大きな力に変える必要もあるようです
byたかし
posted by 社長 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月16日

ダ・カーポ

おはようございます。もんなたかしです。

「ダ・カーポ」
久保田広子さんとと榊原まさとしさんのあの透き通るような奥様の声とその妻の声をカバーする素敵に優しい声のデユット 裸の大将の中の主題歌「野に咲く花のように」などでも有名でしたが覚えていらっしゃやるでしょうか?
 今回、あの「ダ・カーポ」はダ・カーポですがこの言葉の意味をグループのネームとして利用したと私は考えました。 本来のこの言葉の意味を先日ラジオの中で聞き ”あ” そうなのかと思いました。その「ダ・カーポ」とはイタリア語で 西洋音楽の楽譜において曲の冒頭へ戻ることを 指示する演奏記号であることを知りました。 車は深夜長野県の伊那谷を目指す高速の中でした。突然二男を亡くし丸々10年山を経った生活を送り今春13回忌を済ませました。その10年を機に一昨年長男と初めて富士山に登りました。今回、その息子とまた甲斐駒ヶ岳と仙丈岳に誘われ登頂を目指す途中の車の中のこの「ダ・カーポ」と言う言葉の意味を知り「ハッ」としました。
 その昔妻と交わした約束と言いますか決め事に「熱くならなくても一生を通し長く続けることのできる山歩きをライフワークとして続けよう」と 思えば仕事や仲間とのコミュニケーションにこの山や自然での出来事がどれだけ話の潤滑剤として人を和ませたり勇気を与えさせられたりと自分の中の自信と言いますが何か基礎みたいな役割をしていたように感じます。小5の時夜行列車(汽車)に揺られ初めての谷川岳に登り 20の頃少しだけ熱くなり友人と東京からの夜行電車で幾つもの山を登り 子供たちをつれ北アルプスに入りそして子供たちが離れたころ夫婦で幾つもの山を登り続け遠く富士川の最上流から関東エリア・富山岐阜にかけ100名山の大半を複数回多い所で5〜8回ほど登りました。そこに突然の突然の事故の知らせ・・・
 そうだ「ダ・カーポ」ではじめにもどったんだ!このところ少し体調を崩した妻とまたミニ登山をめざし再開を夢見ながら今できることを出来るように人生を謳歌!
そんな生き方をしているつもりですが改めてこの「ダ・カーポ」で
初心に戻り再起を図りたいと思います。
byたかし

posted by 社長 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月15日

本日も晴天なり

おはようございます。もんなたかしです。

 「本日も晴天なり」???
「本日は晴天なり」ではないのと疑問視されそうですが
先日エアコン工事のご説明をさせて頂いた通り工事日が晴れの日が最良とされています。
エアコン内のコンプレッサー内は裸のニクロム線でできたコイルがむき出しのまま高速回転をしているための絶縁に影響が出る事と圧縮・膨張・気化をしたときの蒸発潜熱 つまり気化熱を利用した装置なのです。その際管内に混入した空気内の水分(雨などは論外)がキャピラリーチューブと言うタコの足を逆さにしたような部分で蒸発をしその際ここに水分凍結を致しますと「水分チョーク」と言う現象でエアコンの機能全体を悪化させてしまう事と成るのです。
 ですから昨日に続き「本日も晴天なり」と申し上げました。
byたかし
posted by 社長 at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月14日

日々是好日

こんばんは もんなたかしです。

 今朝も早起きをして本日の作業の準備に当たりました。
先日のエアコン工事の続き 他に先日完了を致しました下水道工事の市役所検査の立会とでテンテコマイでした。それでも段取り8分の話ではありませんが 昨日寝ながら描いたシナリヲに沿い順次対応をし思いのほか順調な滑り出しの月曜日となりました。この日が最良の日でありますように 2度と来ない今日を大切に
そんな感謝の思いでブログを書き上げ今日の日を終わりたいと思います。
明日もまた好日でありますように
byたかし
posted by 社長 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月13日

嵐の甲斐駒ケ岳

こんばんは もんなたかしです。

 一昨日0時近くに家を出と寝ずに高速で伊那ICより長野県側登山口までわずか仮眠を取り仙丈岳に登りました。北沢峠に宿を取り本日隣の甲斐駒に挑戦 やっとの思いで下山をし高速を飛ばし20時に自宅に戻りました。食事を軽く済ましこの報告のみで休ませて頂きます。
前日は何時20時消灯 夜中に外へ出ますと満天星空「これで本当に明日雨???}宿の主人からも明日山を目指す方は早い時間に出て一刻も早く下山するようにと言われていました。夜中の2時ころまた外を確認 「あれまだ星空だ!」 いよいよ4時に行動をし登り始めは快晴でした。ところが昨日トライをした仙丈岳(3031m)方面の空が鉛色に変わりどんどん近付いてきまた。周りの山々は雲の中へ 少し遅れて風が出て雨も交じり甲斐駒ケ岳山頂付近は立って居られない程の大風に見舞われました。遠くに見える女性ハイカー達はしばらく屈み込みながら歩いてる程でした。そんな中数十年ぶちの甲斐駒ケ岳やっとの思いで歩ききることができ感謝です。神様は意地悪ではありませんでした。帰りの頃には空は快晴。風も少しだけおさまりました。
 歳はごまかせないものです。流石にこのところ連日の山歩きのせいで筋肉痛は少しだけ楽に感じます。
しかし山の中では私などまだ青年と言われそうな先輩方であふれっています。・・・本当の話!
また時間を作り報告を致します。
ではお休みなさい。
byたかし
posted by 社長 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月12日

息子と二人山歩き

おはようございます。もんなたかしです。

 見kな様にお目見えするころには2000m付近を歩いていると思います。
山梨県甲府よりマイカー規制で芦安村を目指します。ここからはマイクロバスで1時間ゆられ昔のマイカー規制時の駐車場広河原へ ここで北沢峠行バスに乗り換え約30分を目指します。ここから幾つもの山へ分散 有名なところで日本第2の高さを誇る北岳や 今回目指す2峰 甲斐駒ケ岳 そして仙丈岳 ともに3000m以上の山を目指す事と成ります。戻りましたらまた報告をしたします。
byたかし

posted by 社長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月11日

台風一過

おはようございます。もんなたかしです。

常総市.jpg 結局今回の騒動は日本列島を18号のが通り過ぎた温帯低気圧と列島を右に逸れた17号の2つの台風が齎した脅威の爪痕でした。まだ北上をしていますので予断は許せませんがその方面の方々も個人レベルでできる予防策は万全にお願いいたします。今回被害に合われた常総市の大半の方々は想像すらしていずショックも大きいのではないでしょうか!
事務所から見上げる空は渡良瀬川をはさみ向こう岸群群馬県側は雲一つない青空 逆にここ栃木県足利はうろこ雲がそして今回の栃木市・日光市方面に向かい雲が厚くなっていきます。ここ足利は不幸中の幸いと言えば被害に合われた方々には大変失礼ですが私たちのエリアは同じ状況下におかれても少しも不思議ではない地域なのです、年に一度ないし二度大量の雨が降れば膝上までの道路冠水は常時なものですから・・・
 空を眺めますと何もなかったような青空 数年前の時も何もなかったような碧い海へ
時には優しく心開ける自然 そして時には牙をむく自然 さすがに自然大好き人間のこの私も考えさられてしまう今日この頃です。
 しばらく前に観た映画は こうです。
エーリアンが地球に訪れ 宇宙人に人間が問う「地球を破壊に来たのか?」
「いや地球を救いに来た!」
・・・しばらく間が空き「地球を?」
つまりこです。 「地球の生物や植物その他 人類以外の物すべてを人類から守る」と言うものである
つまり地球破壊をしているのは歴史から言えば星のリズムで言う瞬き程の時間に一握りの人類が好き勝手に地球を汚染し壊滅の危機にあると言うものでした。
何か感じますよね〜

byたかし
posted by 社長 at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記