2017年05月24日

厚い壁

おはようございます。もんなたかしです。

 東西ドイツの象徴と言えば国を2分した壁が有名ですが
同じように近くの国でも壁こそありませんが鉄条網と川で分断されそこを繋ぐ橋の中央が国境という国も
壁はいろいろな障壁などをさしますが 一方我々一人ひとりにも同じように壁という言葉が使われることも
何かを成し遂げようとしますといつも障壁画立ちふさがり・・・とは申しますが同じことを何気なくやり遂げる器用な人も
つまり壁は自分の中にあるのではというも反省をしています。
ご存じ自然大好きはといたしまして大抵のハードなことはやってのけてきましたが仕事に関連した難題他に逐次発生する諸問題等々ハードに対しソフト面での壁がゲームのように次々立ちはだかる。これが心の強い人であればそれこそゲーム感覚で次々クリアー
人間何時まで悩むのでしょうね?
byたかし
posted by 社長 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月23日

晴れも今日まで

おはようございます。もんなたかしです。

 いいお天気が長く続きましたね
間もなく6月の声も聞こえ梅雨が到来
今日は時間を作り家内と館林市のトレジャーガーデンというところにバラを見に行くよう例です。
うまく時間が出来行ってくることが出来ましたらこの後投稿を致します。」
byたかし
posted by 社長 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月22日

夏日

おはようございます。もんなたかしです。

 今朝一番で除草剤を捲いてみました。
晴れの日が有効なんです。霧状に散布をしてその露が蒸発をし濃度が増しやがて葉を枯らせると言うもの
その種類によっては根まで根絶を計るというものがあるらしいのですがまだ不勉強につきその薬剤に出会ってはいません。
しかし私の思うところによりますと根の部分から次々と芽を出し成長過程の葉を随時枯らすことで葉から作り出した栄養分を絶つことでいつの日か根絶やし状態へ持ってい来るのではとこの先も根気よく対応をしていきたいと考えています。
そして心配が庭にイノシシの痕跡を発見 さてどうなりますやら???
byたかし
posted by 社長 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月21日

五月晴れ

おはようございます。もんなたかしです。

 こんな良いお天気はしばらくぶりです。
暖かく風のなく何か遊びに出かけないともったいないような日よりですね!
私も本来であれば現地に4時ごろつき釣り糸を垂らしたい気分でしたが起きてはいましたが結局間もく11時を迎えようとしています。やはり今日も妻と一緒にに出かけるいことにしました。一応釣果は関係ないという前提で頭の隅にあった三依清流釣り場という合併し今や日光市となった会津へ透ける国道を中三依より西の沢へ入った800mほどの渓流を利用した釣り場へ出かけてみようかと思います。今回も家内に釣竿を用意し餌付から釣れた時のキヤッチまでを手伝いながら自分なりに餌・ルアー・テンカラとをチャレンジし閉店の4:30までゆっくり・・・と申しましてもこの時間は釣りの世界では最悪の時間ですが何とか4〜5匹はゲット…2人ですからね 今回は下見程度と割り切って! それより温泉床にしようかな?
byたかし
posted by 社長 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月20日

おのぼりさん

おはようございます。もんなたかしです。

 今日は設備関係の資材 機器やハードからソフトまでありとあらゆる展示会が開催されるという事で東京ビッグサイトまで出掛けることになりました。という訳で只今バスが発車したところです。今回は当初参加メンバーがは不足という事で問屋はさんから増員を掛けて欲しいと要請があり ではサクラでもと妻と他2人の計4名での参加となました。
最近はは伊豆方面へも圏央道をと通る為東京は素通りと言うことが多く言うならば正におのぼりさんと言うことに成ります。
何はなくとも「おのぼりさん」と言うことになりそうです。
byたかし

posted by 社長 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月19日

それどころでは

おはようございます。もんなたかしです。

 いよいよ三社祭です。
とは私の便ではではありません。
東京下町に住む人々に取り三社祭は・・・彼にとって命より大事と言うに決まっています。決めつけはいけないのですが
キットそういうでしょう。本当かは定かでありませんが 所変わってどこのお祭りでも少し名の通ったお祭りではもしかすると男の女も関係なく熱く燃えるのでしょうね! なんでこの話題?かって
 実は明日問屋さんの展示会を視察した後浅草でフリータイムと書いてあることに一昨日気付き 時同じくしてテレビで三社祭が始まれば仕事も閉店ガラガラなどとインタビューに応える男性がおりました。その人曰く仕事どころでは・・・と
それはそれとして何かあるくなるものを持っているという事はとても素敵です。
私の場合 仕事が 家族が 〇〇ガとつい言い訳が先に立てしまう これが現実です。
みなさんは?
byたかし

posted by 社長 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月18日

18番

おはようございます。もんなたかしです。

「よ!待ってました18番」最近は聞かなくなりましたがよく演芸の世界で聞いた言葉でもあります。
オハコ・・・つまり得意な分野をさすようです。ちなみにオハコと辞書を引きますと「十八番」と書いてあります。
今は学校も生徒数が少なくなりましたが私たちの頃は40人学級 男子半分名前順でその18番の出席番号が多かったような記憶が
だからと言いて得意分野もあった訳でもありませんでした。そう大きいから目立つだけで他には何のとりえも それでも何とか生きてこられるものなんですね〜
5/18日から「18番」が頭に浮かんでこんな投稿となってしまいました数字ネタはまだまだありそうですね!
byたかし
posted by 社長 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月17日

さくらんぼ

おはようございます。もんなたかしです。

 写真もりませんが家のサクランボの紹介
と申しましても食べても甘いわけでも 粒が大きいわけでもありませんが鑑賞用と言えばこれがピッタリかも
成長をし過ぎて枝を折り花瓶にでもなくただ花が咲きしばらくするとたわわに実ったサクランボがだんだん色付きはじめます。
やがてただの止まり木程度の桜は鳥たちの楽園と化します。スズメが初めのお客 やがてけたたましくなくヒヨドリが あとは多勢に無勢とばかりにムクドリが こうなるとカラスも参戦
「きれいに色づきが」と思いきや3〜4日で一粒も無くなるほどと言いたいくらい少しも大げさでない光景も幕が下りてしまします。そんな光景を毎年窓越しに見るささやかな幸せあってもいいのではないでしょうか。?
byたかし
posted by 社長 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月16日

後始末

おはようございます。もんなたかしです。

 自然大好き人間のこの私ですが・・・
なぜ「・・・」かと申しますと例えば今回のウド採りですが取って終わりではないからです。
おすそ分けには硬くなった枝の部分やごみの排除とあと処理に時間がかかります。お裾分けも時間が勝負
ゆっくり数日をかけてという代物ではありませんのでスピーディが生命線という訳で昨夜は数時間をかけ
その仕分けに時間を割きました。
 これが魚に置き換えますとまたまた同様に鮮度が命
これまた海に近い場所に住む人には考えられないことが 海無県のエリアに住む人に仮にアジをそのままの姿で
お分けしてもある意味作り笑いで「ありがとう」そう魚をさばくことが出来ない人の方が多いと思います。多くの聞いてみたことはありませんが知る限りの友人は全てダメ! 腹に包丁をさすことがまずアウト 次いで内臓や血がと ですから物によっては3枚におろしたものや 一夜干しにしたものをお届けするようにしています。
 問題なのは鮮度が大事と前日夜中まで出かける準備をしその日の2時3時に家を出て100Km以上運転をし船に乗り釣りをして夕方同じ道を帰りそれをさばき後片付け・・・もう間もなく日付が変わりそう・・・
 これは山菜も同じような時間配分と同じような工程が待っています。
それでも自然が大好きです。
byたかし
posted by 社長 at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月15日

いのちみじかし

こんばんは もんなたかしです。

 山菜の鮮度
たとえば今回はウドですが採取をし濡れた新聞紙に包み冷蔵庫で保管をして5日程度
何もしなければ2日で葉が変色をて食べる部分もしんなり状態
今回は仕分けをしたのち容器に水を少しだけ入れてみました。つまり切り花的感覚で
そうして注意点は日に当てない事 これは受け売りですが危機が固くなり食用に適さないとネットに書いてありました。
チョットだけ心配は水に指すというは成長が続く つまり固くなるかが心配です。
余計な考えはよして早くお裾分けと今年は少しだけ塩漬けでの保存にチャレンジしてみようと考えています。
その報告は的後日「
byたかし




posted by 社長 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記