2017年06月25日

足尾GO

おはようございます。もんなたかしです。

 まもなく1:30 いざ出発
 今まで足尾町(まち)でした。
市町村合併により日光市へとなった足尾町(ちょう)へ渓流釣りに出かけてまいります。
霊山幽谷であるのには間違いないのですが 今回は奥のまた奥まではいかない予定です。
それは川が荒れ釣りのポイントである淵がほとんど流木で埋まり釣りにならない事・・・と
そのコースは超ハード つまり映画ではありませんが「ダイハード」であり準備もなくそれは無謀に近いため
全コースの半分の右から流れ込む大沢のところで釣り上がりとする予定 
怪我なしの旅にしようと考えています。
それでは行ってまいります。
byたかし
posted by 社長 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月24日

ミステリートラベル

おはようございます。もんなたかしです。

 実は、明日の話
「ミステリートラベル」ならぬ行き先のまだ未定の釣りの旅に出かける予定です。
その昔、彼が大学時代に弊社でスタッフ同様に良く動いてくれ卒業してからも交流がありました。住まい宇都宮方面です。
年齢差(20歳くらい)の多い私の友人でもあります。ブログ仲間でもある「ぜんまいひつじ」さんです。以前同行釣りをしたのは湘南の船釣り 5年?いや10年前???その暗い昔の事です。
 2週間ほど前に仕事でどうなるか分からないがという前提条件での仮GOサインでしたが都合がつくと昨日ラインが入りました。でも行き先未定のまま
私はと言えば 明日を控え何を釣るかで仕掛けを購入しなけらばということろです。
さて、山なのか海なのか まるで〇〇ツアー会社のミステリーツアーの様相です。
byたかし

posted by 社長 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月23日

今日の仕事

こんにちは もんなたかしです。

 今朝は、昨日の工場機械設備の改修工事の試運転を行いました。40km以上離れたところから通う工場長が出社出来る7:00の待ち合わせて引き渡し説明と操作方法のご案内を済ませ次のお客様のもとへ向かう準備にかかりました。
 お約束の9:00を回る頃に到着をし家中の水洗栓交換に着手致しました。品の良い奥様の元に赤ちゃんをつれての里帰り中のお嬢様がいらっしゃいましたのでお昼を跨ぎますとご迷惑をお掛けしますので材料を調達と言うことで現場を離れたところです。
 勿論会話など聞き取れませんが笑い声が絶えないお客様のご家族であることだけは察しがつきました。
こういうお宅にご縁があったことだけでも幸運に思えてなりません。
ありがとうございました。

byたかし
posted by 社長 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月22日

大きな足跡

こんにちは もんなたかしです。

 宅地並みの課税を受けたところで工事で出た土を平らにならし石を拾い堆肥をいれにわか畑で野菜もどきに挑戦をしています。しかし繁華街とは言いませんがそこそこ人家のある街中でも平気でイノシシが出るのです。まだ数度しかであったことはありませんが大きいものでは優に1m越え 何かあればひとたまりもありません。知り合いのお宅では鎖につながれた番犬の足にかじりつけけがをさせたという話やどう見ても山まで数キロ離れた河川敷に出没(これは私が確認)などなど・・・
 そんなイノシシを横目にダメでももともととジャガイモを作り被害に合いながらもバケツ一杯をゲット 現在はサツマイモと里芋を植え付けてみました。ともに根菜類なので流石に金網を張らなければと思案中 そんな中先ほど確認をしたところ大きな足跡が・・・イノシシは匂いで餌を探し当てるのですが私の煙幕大作戦に翻弄されたようです。煙幕とは匂いの煙幕で4t車で畑に入れた堆肥を植えこんだ種イモ類の上にまいたことで堆肥特有の匂いに翻弄されたようです。しかし課題は山積 これから梅雨が明けての日照りの対応にも頭を掛けそうです。
まさに楽しいというかありがたい悩みでもあります。
byたかし
posted by 社長 at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月21日

今夜が心配

こんにちは もんなたかしです。

 この時期心配事が一つ
梅雨末期と台風次期が近づきますと弊社前の7m道路が一機に冠水をし膝上くらいまで増水をすることです。
隣接の倉庫は新規ではなく古い建物を利用をしている都合上一雨降りますと建物内に水が浸入を繰り返してまいりました。ここ数年大きな被害はなかったもののその危険水域を心配して防波堤のようなものを仮設で作ることで乗り越えてきたのですがこれが幾度か続きますと仕事どころではなくなってしまうのが本当に困ってしまいます。
 本来であれば今週釣りを誘われているのですが大量の雨が降り続きますと渓流釣りは厳しくなるかなとこちらも心配
どちらにしても心配事が続きそうです。
byたかし
posted by 社長 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月20日

結果第一

おはようございます。もんなたかしです。

 昨年は惜しくも準優勝
多くを語らない弊社スタッフ古峯 今年は和歌山県で行われる柔道の試合に於いて
見事に「優勝」をしたと今朝聞かされました。
それも私が「結果は?」との問いに「なんとか!」
「なんとか」は何んと? 答えは表情で判断して私も「おめでとう」と言いました。
努力をしました。で満足をする人が大半の中彼の場合 今度こそという気持ちの表れ
つまり「優勝」が彼にとっての結果であるのです。
仕事でも家庭でもリーダーを発揮し人生の大半を柔道にかけ現在も子供たちの育成に
そして柔道を通じボランティアで指導活動をしています。
尊敬し自慢でもある私の片腕です。
というより「両腕」?かな
これからも多方に於いて活躍を期待いたします。
まずは「おめでとうございます。」
 そうそう この優勝は「講道館護身術」の部で優勝つまり2人一組(取・受)で技を争うもの
共に活躍をした植木様にも「おめでとうございます」の一言を添えたいと思います。


posted by 社長 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月19日

明日から雨?

おはようございます。もんなたかしです。

 梅雨入り宣言をしてから一度も梅雨らしい空模様にならないまま6月も中盤を過ぎてしまいました。心配なのはこの後反動のようにドカ雨が猛威を振るい各地で被害を出さないことを望むのみでございます。昨日は友人から尾瀬ハイクを誘われたのですが誘われれる前日に妻との約束をし予定を入れてしまったのです。
 その前の週には尾瀬の入り口沼山峠に通じる三池を通って奥只見湖の最上流部流れ込付近までいったのですが数十年ほど前に尾瀬まではいかなかったものの峠へ通じるところを散策して帰った思い出が蘇ったものでした。
 これまでは遠く、遠くへと足を延ばし各地の山々を歩いてきましたが少し体をスリムに替え体力UPを計り
日帰りでも多くのスポットがあることが思い出されまたチャレンジをしたいと思います。
明日からは今週いっぱいは梅雨模様 その後にはまた羽ばたきたいと考えています。
byたかし

posted by 社長 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月18日

白樺湖一周

おはようございます。もんなたかしです。

 長野県八ヶ岳山麓の白樺湖周辺は白い霧に包まれた朝を迎えました。湖畔に宿をとり
5時前に起床 とりあえず温泉には入り少しゆっくりしたあと思い立って白樺湖湖畔を一周することにしました。
一周4km弱 これなら1時間はかからないはずととにかくスタートをしてみました。
岸辺には釣りをする人が多数 その大半はヘラブナ釣りの支度のようでした。
標高もそこそことあって ワカサギや虹鱒とか渓流魚をそうていしたのですがちょっとガックリ
DSC_0915[1].JPG
所要時間は50分
写真は30枚ほど取りながら歩いてみました。。
byたかし

posted by 社長 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月17日

何センチ

おはようございます。もんなたかしです。

 先日よりデータケーブルが見つからなくなり報告が遅くなりました。
先週日曜日 只見川上流での釣果をお知らせいたします。
メジャーではかりませんでした。夢が壊れないようにと!
それは冗談ですが
DSC_0877[1].JPG
本流の釣りの難しさを知りました。
釣れたのはウグイやハヤばかり
間違って写真のイワナをゲットできました。
奥只見湖には60pそれ以上のイワナが実際釣れているそうです。
昔の釣りを紹介する雑誌等には1m越が確認できるとか 開高健氏とかがその昔いくつかの河川を
立ち入り禁止の保護地区に推挙し自然を守る運動を推し進めたとか?
それにしても本流釣りは難しいです。私には!
byたかし

posted by 社長 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

悲しい知らせ 悲しい知らせ

おはようございます。もんなたかしです。

 じつは一昨日小さな鳥のひなを拾いました。1匹はもうすでに・・・
その小鳥はどうやらすづめのようでした。
残りの2匹は血が出ていたものの箱に入れ水を飲ませてから親鳥に分かるように猫(我が家の黒猫や野良猫)に襲われないよう高いところに置いていたのですがその甲斐なくもう一匹は朝方冷たくなっていました。もう一匹も冷たくかすかに動く程度だったのです。発見は朝4時過ぎ それから約3時間手の中で温め続けようやく動けるまで回復したので餌を用意し食べさせてみました。
目はまだ見えないものの大きな口を開け親鳥が餌をと?それとも本能?なのか大きな口に割りばしの先を削ったスプーンで小分けにし解放したのですが午後になりLEDでそこそこ暖かくなるようにして30分ほど用足しをして戻ると固く冷たくなっていました。
どんな小さな命でも命は命 やるだけのことはとつくしはしましたがその甲斐なく・・・
もう何度も見てきた身近なところでの同じようなシーン この子を無事成長をさせ彼らの住む世界に送り出してやりたい
そう思ったのですが・・・残念
byたかし
写真も取ったのですがボツにいたします。
posted by 社長 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記