2018年07月19日

水やり

おはようございます。もんなたかしです。

 会社や自宅の周りの草花も悲鳴を上げています。
一日水をあげないと大変なことに
つまり寿命を終える前に「花の命はみじかくて・・・」
と言わないまでも可哀そうな結末をたどる事になってしまいます。
 我が家での救世主は息子が進んでその対応をしてくれていますので
本当に助かります。以前は私や家内がやっていたことですが代わって
やってくれますのでありがたいと思っています。
彼ら(草木)にはどてらでもよいのです。しかしその命の水が切れたとたん
葉は茶色に変身を遂げに葉を落とし短い生涯を終えてしまうのです。
あ〜綺麗と思い付きで買われた草木。花々は誰に貰われていったかで
人生が決められてしまうのです。
と言いながらも多くの草花を枯らせてしまい反省もしています。
「ごめん」と思いながら鉢を片付けています。
byたかし
posted by 社長 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月18日

暑さ爆裂

こんにちは もんなたかしです。

 焼けるような暑さが続きますがいかがお過ごしですか?
少なくても水分補給 作業の途中でも小休止を入れる 日陰を作る
格好悪くても麦わら帽子を使用する 冷感タオルを使う
着替えを用意する 等々 自分で自分を守るしかないのです。
この暑さは当分続く様です。自宅脇の小さな菜園は幸運にもまだ今年は
イノシシの被害が出ていません そこでのトマトやナスの収穫ができ
少しですが食することができます。自宅脇と言う事で水道水ですが
水やりも可能。)で助かります。
(菜園とはいえ水は下水道料金まで払うので高い水やりです。)
一方 連日イノシシの報告をさせてもらっています菜園は
川の水を汲んでの水やりですので大半をイノシシ被害で壊滅状態での
残りのねぎや少し残ったサトイモへも水をあげなくはなりません。
しかしこの暑さがしかし邪魔をしています。
byたかし









posted by 社長 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月17日

休みボケ

こんばんは もんなたかしです。

 いつもなら休み明けは歯車が狂ってしまいますと言いたいところですが
休み中に修理依頼の電話を受けていたて修理内容もお聞きしていたので
さてどうしようと少しばかり悩みながら休みを過ごしていました。
 その結果今朝は7:00前から作業の準備をし車への積み込みも済ませ
朝礼がすむと即そのお宅を目指しました。
現地につくと話は聞いていましたがビックリ
床下点検口を開けますと床一面T0p程水没をしておりました。
即水中ポンプを設置水をかいだしました。ポンプの構造上残り5pほどは
チリトリにより数100回以上バケツに その中入れたポンプで排水
そしてまだ水の残る床を背面泳ぎのごとくびしょ濡れになりながら
漏水箇所を確認 そんなこんなで作業はお昼までかかり・・
 そんな具合でボケている間が有りませんでした。
明日も暑いけど頑張りましょうね!
byたかし
posted by 社長 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月16日

川への思い

こんにちは もんなたかしです。

 今日は日光栗山村から中三依の釣り堀を少しだけ偵察してみました。
連休最終日予定にない事ばかりの大変な3日間でしたが明日からまた仕事
いろいろな意味で多くのことを考え 想いを深めと何も結果が出ないながらも
深く自分を見つめる貴重な時間を過ごすことができ感謝です。
熱い 暑いどちらも正しい字です。皆様も体をご自愛ください。
byたかし
posted by 社長 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月15日

山への思い

こんにちは もんなたかしです。

 一夜明けたった一日途中下車の山旅でしたが
体中がギシギシ やはりこの暑さの中を翌日 つまりり今日
尾根歩きを10時間(コースタイム)私は遅いので∔4時間
このコースはキレット越え北穂 奥穂までのかなりのハードコース
過去2回 途中までのエスケープルートで3回と歩いていますが
大きく違うのは加齢です。どう考えても無理でした。
実は代案があり逆に進む双六山荘を目指そうという案があったのですが
結果むりだったようです。 また体力をつけてチャレンジです。
 そこで今日は日曜日 ゆっくりとした朝を迎え昨日の片付け
の残りを済ませ 自宅わきにポット苗を植え1時間 水やりと
時刻は午後を回り 妻にこれからどうする?と聞きますと
高崎モンベルへ 妻は気を使ってか新しい登山靴を私に買ったくれました。
山への思い夫婦で断ち切れませんね〜
今週は駒ケ根ロープウェイを利用し2000mの坪庭と称するお花畑を
散策する予定です。
byたかし
posted by 社長 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月14日

左折をあじあう

こんばんは もんなたかしです。」

 この時間に投稿することが問題なのです。
実は山歩きで生涯始めての挫折をあじあいました。
当日槍ヶ岳を制覇し 翌日には奥穂高山荘まで コースタイムT0時間制は


朝の2:30の岐阜
新穂高温泉に到着
翌日は奥穂高山荘・・・のはずでした!
ところが到着 即準備 行動
歩き始めたものの歩き始めた一向にピッチは上がらず
確実に上りながらも山登りとしてはアプローチと称する平坦な道を
歩きながら目をつぶるみたいな 山道にはいいてからも調子がでず
歩行開始から5時間 数年前に2人の人が川に流され命を絶った
滝谷まで到着したところでこの山旅を断念しました。
今の位置もこの先頂上に出るまで電話はつながらない為もしものことがあると
多くの人に迷惑をかけることとなるために今の体調を考慮するとこれが一番の
策と会えなくまた5時間下り車を目さじました。
楽しみにしていたのは事実ですが 昨年は針ノ木縦走で急遽山小屋に宿をとる
など 自分の力を過信してはいけない年齢にはいいたようです。
(自分では過信は一切なく山への思いが少しだけ強いだけ)
何もなくてよかった!
byたかし
続きを読む
posted by 社長 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月13日

山に行きます。

こんばんは もんなたかしです。

 なぜかきのうまでの作業が大変で準備ができていません
この後準備を済ませ北アルプス方面へ向かいます。
一人旅ですので安全第一で出かけてまいります。
byたかし
posted by 社長 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月12日

下水道2日目

こんにちは もんなたかしです。

 あ〜どうなるの?
今日は下水道工事2日目 コンクリートを打設しなければ
しかし あめがぽっぽつ
晴れるという信念ものもと鉄筋を組み生コンの引き取りも済ませ
しかし まだ雨はやみません 少し固練りで生コンを流し作業を進めました。
軽く撫で終えたころに幾分空が明るくなり2度3度とっ仕上げていますと
薄日が差し始めました。 一度撫でますと次の仕上げまで15分ほど
その間内部の切替工事を進めました。冬ですと寒さで水も引かずコンクリートの
化学変化(凝固)も遅れ遅いときには翌日が最終仕上げみたいな・・・
というわけで暑い暑いさなかのコンクリート作業 中、外、中、外とうまく時間を
振り分け 片付けの時間も入れ夕方に作業が終了 とても暑い一日が終わろうとしていました。
今月もう1件が控えています。頑張らねば!
byたかし
posted by 社長 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月11日

一人下水道

こんばんは もんなたかしです。

 今日から下水道工事がスタートです。
弊社では、ご依頼をお受けしたスタッフが最終のお引渡しまで責任をもって
お客様のお世話をするという体制をとっています。
 そこで今回いろいろな面で特殊なお客さんのお手伝いをすることとなったのが
私です。 とはいえ私にすれば特別ではなくいたってマニュアルと通りの手順で作業を
を進めると言いた具合に申請業務 お打ち合わせ 作業機器の積み込みそして
本題の下水の切替工事へと あえて予想が外れたのはコンクリートスラブの厚さが20cm
鉄筋上下の200ピッチを壊すことでした。予定では3〜40分ほどで壊せればと・・・
とんでもない話で朝から昼を回っても壊しきれず それどころが大型コンプレッサーの
作動油が漏れ出す騒ぎでこれはオーバーヒートもやコンプレッサーの焼き付きまで考えられ
予備の作業油を補充しながらなんとか面倒を見て解体作業 埋め戻し配管と順調とは言えない
ながらも明日の切り替え作業残しまで漕ぎつくことができました。
朝の6時前からの段取りが功を奏したようです。
byたかし

posted by 社長 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月10日

異常事態

おはようございます。 もんなたかしです。

 数日前ラジオだっと思いますが
異常事態 異常気象それぞれの異常はもう異常ではないと申しておりました。
やっとそんな声が大きくなってきたのかと聞いておりました。
 これは大小な差こそありますが特に弊社の周りだけが年に一二度の氾濫を
引き起こしひざの高さくらいまで水が上がりこの時期から台風時期にはいつも
戦々恐々の気分で少し強い雨が降りますと真夜中であろうと外の川を見に行く始末
大規模な洪水はここ何年も起こってはいません しかし過去に過去には数度の
渡良瀬川決壊の歴史がありますので安心もできない状況です。
それはそれ大雨の影響だけで私の住む沢は非常に浅いのですが少しの大雨でも
ひざ上までの状況を当局はわかっていても手が出ないのでしょうか?
心配の日々が続きます。
byたかし
posted by 社長 at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記